日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

お花見の持ち物で、忘れてはいけないのは?

寒い冬が通り過ぎれば、日本人にとって一番心が弾む桜の季節が、そう、お花見が近づいてきます。春のお花見で忘れてはいけない持ち物は何でしょうか?今から、お花見に備えてチェックいたします!

お花見の持ち物で、忘れてはいけないのは?

お花見で絶対必要な持ち物!

お花見は「場所取り」から始まって、「後片付けと撤収」で終わります。つまり、お花見で絶対必要な持ち物は、場所取りに関わるものなのです。絶対必要な持ち物は「敷物」です。レジャーシートと段ボールのセットです。地面にクッションがわりに段ボールを敷いて、そこにレジャーシートを広げるのが理想的です。クッション性のあるレジャーシートがあれば、なお理想的!それと、撤収の時、ゴミ捨てのためのゴミ袋は絶対用意してください。

お花見で便利な持ち物!

お花見時期の天候は毎年微妙です。寒かったり、暑かったり。ということで、寒暖の状況に対応した持ち物はあると助かります。寒かった場合に備えて、使い捨てカイロ!ひざ掛けに使えるブランケットやバスタオル。暑かった場合には、日傘。また、冷たい飲み物のためのクーラーボックスは暑い日には欲しい持ち物です。

お花見で子どものための持ち物!

お花見時期は、トイレが混雑します。ですので、万が一の持ち物として、簡易トイレグッズです。子どもがトイレを我慢できなかった時に使えます。それと、迷子防止のために、子どもには名札をつけて、携帯電話の番号をそこに記しておくのもありです。3歳ぐらいの子には、ベビーカーは用意しておいた方が無難です。

お花見に必要な持ち物は?

お花見で用意していくべき持ち物は、まずは場所取り用の段ボールとレジャーシート!撤収の時のゴミ袋は絶対必要です。他には、暑さ寒さ対策の持ち物。お子さん連れには、簡易トレイやベビーカーとなります。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます