日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

英語でお花見を語る、基本ワード!

海外でも、日本のお花見は春のトピックスとして紹介されています。そして、日本のお花見の習慣は日本独自の価値観に基づいています。英語で説明することになったら?その時のために、基本ワードを紹介します。

英語でお花見を語る、基本ワード!

「お花見」を英語にすると?

お花見は、桜を見ることですから、まずは「花=桜」です。桜は英語で「Cherry Blossom」です。そして、「花見」の「見」は「Viewing」。つまり、花見は「herry Blossom Viewing」です。なによりも、桜を「Viewing」することが、日本と日本人にとって、大きな意味があると伝えます。

英語でお花見の内容を伝える!

お花見は、公共の公園でお酒を飲んだりします。アメリカやヨーロッパでは日中に公共の場所で飲酒するというのは、信じられないことです。しかも、会社の勤務時間中にみんなで飲酒!「Drinking」するのが「Beer、Sake」などアルコール飲料が普通であることを英語で補足する必要があります。

お花見の意味を英語で!

英語で桜は「Cherry Blossom」ですが、最近は日本語の「Sakura」がそのまま使われるようになってきています。日本人の桜へのこだわりが、世界に伝えられていることに理由があるようです。ぱっと散る桜に、「Life is short」「Life is fragile」で意味は伝わります。人生は短い。人生ははかない。キーワードはこの2つです。

お花見を英語で説明するために!

お花見という日本文化を英語で伝えるために、必要なワードは、日本人は昼間から公共の場で飲酒すること。それと、桜に日本人の人生観を重ねていること。これが肝心!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます