日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

手書きで漢字を上手に書く方法は?

パソコンや携帯が普及し、漢字を手書きで書くことが少なくなりました。しかし、お手紙などで文字を書く時にキレイだと気持ちがいいですよね。そこで漢字などの文字を手書きで書く時にキレイに書ける方法についてまとめました。

手書きで漢字を上手に書く方法は?

まずは平仮名から練習しよう

漢字の練習をする前に、まずは平仮名の練習から始めましょう。平仮名には、はねやはらい、止めやカーブなど文字の基礎となるものが全て詰まっています。止め、はね、はらい、ゆるやかなカーブなどを意識しながら練習をしてみましょう。

漢字の練習をする時の注意点

漢字の練習をする場合は、バランスに注意しながら書きましょう。また、直線、止め、はね、はらいを意識するだけでも書く文字は変化します。毎日の積み重ねがキレイな文字に近づくポイントになります。

文字を書く習慣をつける

パソコンや携帯などが普及し、昔に比べたら文字を書く機会が減りました。なので、毎日の生活の中で文字を書く習慣をつけてみてはいかがですか?おすすめは日記です。紙に文字を書く習慣をつけることが大切です。

毎日の積み重ねが覚えるコツ

手書きで文字を書くことを毎日積み重ねることで漢字を覚えるだけでなくキレイな文字を書けるようにもなります。パソコンや携帯などが普及した現代では手紙を書く習慣がほとんどありません。例えば毎日日記をつけたりメモ帳を使用したりと積極的に手書きに挑戦してみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます