日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

漢字の部首についてのまとめ

学生の時は勉強で、また本や新聞を読む時などに様々な漢字を見かけます。漢字には部首がありその一つ一つに意味があります。漢字の部首、意味、成り立ちについてまとめました。

漢字の部首についてのまとめ

部首の種類はどれくらいあるの?

部首は1画から17画まであり、214種類あります。漢字の画数の数え方が、一筆で書けるものを一画と数えるのと同様に、部首も一筆で書けるものを一画とします。部首を並べる場合は画数順で同じ画数の場合は音読みの50音順の表示となります。

それぞれに意味のある部首

漢字一文字一文字に意味があるように部首にも意味があります。また、部首のある左側は偏、右側は旁、上側は冠、下側は脚、などそれぞれの部分にも名前があります。その他にも、垂、繞、構などがありその形や位置によって呼び方が変わります。

漢字の成り立ちを知る

漢字を覚えるためには、漢字の成り立ちを知りながら覚えることがポイントになります。部首にも成り立ちがあるように、漢字にも成り立ちがあり意味があります。漢字の成り立ちを調べながら漢字の学習をしてみてはいかがですか?

部首にも意味のある漢字

その漢字が出来るまでの過程に意味があるように部首にも意味があります。また、それぞれの位置にも名前があるので漢字の学習はとても奥が深いです。学生の時は勉強で文字を書く習慣がありますが、大人になると文字を書く機会が減ってしまうので、何気ないことから文字を書く習慣をつけてみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます