日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

覚えておきたい登山靴の種類と選び方

登山をする時にはいろいろな道具が必要です。その中でも靴は登山にとってはとても重要です。どれがいいかと思っても種類もメーカーもたくさんあり、迷ってしまうのではないでしょうか?

覚えておきたい登山靴の種類と選び方

登山用の靴にはどんなものがあるのか

登山やトレッキング用とされる靴には大きくローカット、ミドルカット、ハイカットの3タイプがあります。用途としてはローカットは主に日帰り登山や近郊の山へ登る時といった割と軽めの登山やトレッキングに向いています。ミドルカットについてはローカットと同じく軽めの登山から、足首もある程度固定されているので短期間の縦走くらいまでに向いています。そしてハイカットは2000mから3000m級の本格的な登山や下りがきつい山などに向いています。

どういった靴を選べばいいのか

靴の種類はざっくりとした用途とともに上記にまとめたので、その用途に合う靴を選びましょう。靴のメーカーは好みの問題だけで、どこも機能に大きな差はありません。もちろんメーカーごとに個性はあるので、こだわるのも面白いと思いますが、こだわらなければそれほど大きな差はありません。それよりも重要なのは靴のサイズです。きちんと足に合うものを選ぶのが重要です。サイズが合わないと思った以上に足や膝に負担がかかります。

正しく靴のサイズを合わせる方法

ではサイズをきちんと合わせるためにはどうするのでしょうか?まず試着する際には登山用の靴下をはきましょう。登山用の靴下は厚手のものが多いので、普段の靴のサイズだと合わない可能性があります。つま先を内側先端に当てた状態で指1本入るくらいのサイズを選びましょう。最後は両方はいた状態で店内を少し歩いて回ってみるとより履き心地や歩いたイメージがわかると思います。

登山靴を選ぶのに大切なのは用途とサイズ

登山靴はメーカーや見た目で選ぶのは危険です。自分がどういった山に登るのかによって選ぶようにしましょう。また形が決まったらサイズもきちんと合わせましょう。思っている以上に靴によって歩く際の負担が変わってきます。自分に合った靴を選んで登山を楽しんでください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます