日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

シュールすぎ!旅行で行きたい奇祭ガイド

旅行ガイドには、各地のスポットだけでなく祭りの紹介もされているかと思います。しかし祭りの中にはあまりにも奇抜な祭りも。今回は旅行で行ってみたい、シュールすぎる祭りのガイドです。

シュールすぎ!旅行で行きたい奇祭ガイド

周りを見渡せば男性器ばかり!

まずは愛知県小牧市にある「田県神社」で毎年3月15日に開催される「豊年祭り」。 五穀豊穣や子孫繁栄を祈願する祭りとして有名ですが、その祭りに登場するのは大小様々な「男性器」たち。 神輿として登場したり、巫女に抱えられて登場したり、その光景は実にシュールなものです!

男性器だけでなく、女性器の祭りも・・

愛知県一宮市にある「大縣神社」でも変わった祭りがあります。 3月15日直前の日曜日開催の「豊年祭」は、男性器の「田県神社」と反対に、女性器を表現した山車が登場します。 その他にも女性器を模した飴が発売されているので、安産祈願にはピッタリでしょう!

お尻をバン!奈良・明日香村「おんだ祭」

奈良県・明日香村の「飛鳥坐神社」で2月の第一日曜日開催の「おんだ祭」も強烈。祭りが始まる前は天狗の男が青竹で通行人のお尻を叩く! 子孫繁栄ということで本番では性行為を連想させるパフォーマンスを披露するなど、ぶっ飛びぶりはすごいものです。

型破りな祭りに一度は行ってみよう!

今回紹介した祭りは、どれも型破りな祭りばかり。
一度見に行ったら頭から離れない奇祭たちに、ぜひ一度は行ってみると良いでしょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます