日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社会人のためのマラソンの効果的なトレーニング方法

マラソンは大変ハードなスポーツであり、日常的なトレーニングを積まなければとても完走できるものではありません。忙しい社会人の方は、効率的、効果的なトレーニン方法を学んでマラソンに備えましょう!

社会人のためのマラソンの効果的なトレーニング方法

ゆっくり走るLSDトレーニング

ゆっくり走るLSDトレーニングは、マラソンに必要なスタミナをつけるためのトレーニングです。Long Slow Distanceの名の通り、長い距離をゆっくりと走ります。時間の必要なトレーニングなので、週末などの休みの日に行うのが良いでしょう。

速く走るインターバルトレーニング

速く走るインターバルトレーニングは、マラソンで大切なスピードを養います。インターバルトレーニングは速く走るため、平日の時間のない時にもさっと行うことが出来ます。スピートは全力疾走の8割ほど。最初は400mくらいから始めます。慣れたら1kmくらいまで距離を伸ばしましょう。

故障しないことが一番大切!

マラソンのトレーニングで最も大切なことは「故障しないこと」です。特に痛めやすいのが膝です。そのため、筋トレも行って脚の筋肉をつけていきましょう。走る際には正しいフォームを守り、フォームが乱れるほど疲れてきたら練習をやめましょう。休息日を作ることも大切です。

3つのポイントを意識して練習効率アップ!

いかがでしたでしょうか。時間のない中、短時間でもトレーニングを続けることで身体の能力は確実にアップしていきます。日頃からこれらの3つのポイントを意識して練習をしてみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます