日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

マラソンの正しい走り方、ランニングフォームとは

マラソンのように長距離、長時間を走る場合には、正しい走り方やランニングフォームを身に着けている必要があります。間違ったフォームでは疲れやすくなったり、関節などを痛めてしまう場合があります。

マラソンの正しい走り方、ランニングフォームとは

背筋を伸ばして軽い前傾姿勢に

マラソンの走り方で膝を壊してしまう原因の一つに「姿勢」があります。背中を丸めた状態では背筋を伸ばした状態よりも衝撃が多くなってしまいます。胸を張り若干の前傾姿勢を保つことによって、進みやすく故障も防ぐフォームとなります。

空中ではリラックスする

マラソンでは常に両足が設置しているわけではありません。宙に浮いている瞬間は一瞬ですがあります。その瞬間には身体に緊張状態を維持している必要はありません。この一瞬は力を抜いて良い瞬間です。もちろん着地時には力を入れる必要があります。このオン・オフが出来るようになると走っている時の疲労度がだいぶ変わってきます。

足の着地は身体の真下で行う

着地する時の足は身体の真下で行うようにします。走る時には前に出した足に体重を乗せますが、この時には身体も多少前傾ですから、この重心の下に足があるイメージです。また着地の際にはお尻とお腹に力を入れます。着地のショックを腹筋や臀部の筋肉で受けて、そのエネルギーを使って次の一歩に繋げるイメージです。

走るフォームを見なおそう!

いかがでしたでしょうか。何事も「型」が大切と言われます。マラソンの場合にも長時間走り続けるためには正しい「型」を身につけているかどうかがとても重要です。是非フォームのチェックの参考にしてみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます