日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

公務員ランナーとしてマラソン界で有名な川内選手

川内選手は日本男子最速のマラソンランナーとして、世界陸上のマラソン日本代表にもなった実力者です。
実業団などには所属せず、公務員として働きながらトレーニングをし、各地の大会で好成績を出しています。

公務員ランナーとしてマラソン界で有名な川内選手

異色のマラソンランナーが速い

普段は公務員として普通に仕事をしながら、大会では上位成績を出しているマラソンランナーがいます。
公務員ランナーや最速の市民ランナーなどと呼ばれている川内選手です。
他の選手達のように実業団には所属せず、専属コーチも付けずに独自のトレーニングをしています。

川内選手はリオ五輪を目指す

2014年の12月21日に行われた、防府読売マラソンを2位となり日本人選手の中ではトップでゴールしました。
川内選手は、今後約1年半かけてリオ五輪の選考レースとなる福岡国際マラソンを目指すとインタビューで答えています。
いよいよ来年に迫ったリオデジャネイロ五輪ですが、川内選手の活躍が楽しみです。

川内選手が注目されるもう一つの理由

公務員とマラソンランナーとしての顔を持つ川内選手ですが、もう一つ、彼が注目されるの理由があります。
日本陸連への不信感を隠すことなく発言し、そのサポートにも疑問があると独自の練習を方法を貫いています。
そんな川内選手ですが、彼の誠実で礼儀正しい人柄もあり、川内選手を応援するファンは本当にたくさんいます。

独自の練習方法を大事にする

川内選手は陸連の発表したナショナルチームのメンバーに名前がありませんでした。
理由は川内選手が辞退をしたからです。
ナショナルチームのサポートには疑問があること、独自の練習方法を優先したいから、と考えているようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます