日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

マラソンを題材にした映画3選

マラソンはそれ自体が2時間を超えるドラマですが、マラソンを題材とした映画も数多く作られているのをご存知ですか?今回はマラソンを題材とした映画を3つ厳選してご紹介したいと思います。

マラソンを題材にした映画3選

オジサンが走る!「人生はマラソンだ!」

経営が苦しい自動車修理工場に勤める中年男性4人。工場を救うためにスポンサーを探し、ロッテルダムマラソン完走を目指すというヒューマン・コメディー映画です。小太り(?)のオジサンたちがマラソンの楽しさに目覚めていく、笑いあり感動ありの映画です。

自閉症の青年が走る「マラソン」

韓国映画の「マラソン」は、実話である「走れ、ヒョンジン!」をベースにした物語。自閉症である青年チェウォンにマラソンの才能があると知った母親は彼をマラソンに出場させるべく奮闘します。ただの美談ではなく、人間の心理描写などが非常にリアルで、考えさせられるヒューマン・ドラマです。

老人が走る「陽だまりハウスでマラソンを」

パウルは妻と二人で老人ホームに入所している男性。元オリンピック金メダリストの彼は、妻や仲間のためにベルリンで行われるマラソンへの出場を目指します。高齢化が進む現代社会において、老後の生き方を考えさせられる一本です。

マラソン映画にハズレ無し!?

近年の代表的なマラソン映画を3作品ご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。マラソンというとそれだけでも大変な競技ですから、動機なども並大抵ではないものになります。そのため映画としても良質な作品が多くなるのかもしれません。是非これらの作品をチェックしてみてくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます