日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ場での帽子のマナー

ゴルフをするときに帽子を被ることはマナーの一つになっています。ゴルフで帽子を被ることは熱中症を予防することだけではありませんよ。強制力の強いマナーではありませんが帽子は被って置いたほうがよさそうです。

ゴルフ場での帽子のマナー

何故ゴルフのプレー中に帽子を被るのか

ゴルフをするときに帽子を被るかは個人的な問題でしょ?とお思いの方が少なくないのでしょうね。どうやらプレー中に帽子を被るのはマナーの一つなのだそうですよ。何でもプレー中に、万一頭にボールが飛んできて怪我をするのを防ぐためだとか。確かに言われてみれば、なるほど、そうだね、て頷けますし。ゴルフをするときに帽子を被ることが、健康的なスポーツをすることにつながっていくわけです。

熱中症を防ぐための帽子の着用

夏にゴルフをされる方は、熱中症の予防を兼ねて帽子を被ることも意識していることでしょう。まあ、ゴルフをする以上は、帽子を被るのはマナーなのですが。帽子を被ることで熱中症の防止になるならば背に腹は代えられませんよね。熱中症を防ぐために、他の予防対策も必要ではあるものの、プレーに支障が出ないための予防策として帽子を被ることはマナーの一つとして定着しています。

帽子はファッション全体にも影響して

ゴルフ場によっては、帽子を被ることは義務化されているわけではありませんが、頭を守る機能があるならば、キャップなどもOKなのだそうです。帽子一つで、ファッション全体のイメージが変わってくると言っても大げさではないため、帽子選びに慎重になる方が結構おられるのだろうと私は思います。ゴルフでの帽子の着用は、ファッションのみならずマナーを守る上での貴重な物です。気持ち良くプレーをしたいならば、帽子は欠かせません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます