日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

インサイドインはゴルフの基本

ゴルフスイングの正しい軌道はインサイドインです。頭で理解していてもなかなかできないのがインサイドインですよね。ゴルフで正確なスイングをするにはインサイドインをマスターしなければなりません。

インサイドインはゴルフの基本

インサイドインはテレビで良く見掛ける光景

プロゴルファーがインサイドインをする場面は良く見掛けますよね。良くあんな遠い所からカップにボールを沈められるものだ、と心底感心した方が結構多いはず。プロだから当然と言えば当然なのですが、プロゴルファーには神業級の技術があることを感じさせますよね。恐らく多くのプロゴルファーは、インサイドインをする直前ないし直後は心臓バクバクなのでしょうね。

飛距離アップに関わるスイング方法

インサイドインをするにはどうすればいいのか?と思ったゴルファーが少なくないでしょう。そのゴルファーは、インサイドインができるかどうかで、目標のスコアを切れるかもしれないと思っているのでしょうね。インサイドインは、ボールの飛距離アップに関わっているそうなので、マスターする価値があるスイングの仕方だと言えます。

インサイドインでライバルに差をつけよう!

インサイドインのやり方を説明したいと思います。まずはクラブを握った後に、両腕を顔の高さまで上げます。次は、手首を回してクラブを水平に右に傾けたまま、両腕を右に持っていくそうです。その時に右脇を締めて、右腕が直角になるように意識します。その後に上体を前に倒すと、クラブが45度位になっているとのこと。トップからスイングするときに、両手が自分の右足甲の上を通過するような感じになるのが理想的です。そのままパッティングをすることで、イメージ通りのインサイドインができます。インサイドインをマスターすれば、ゴルフがだいぶ有利になってくることでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます