日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ガスレンジの大掃除

ガスレンジは汚れをため込むとお掃除が大変です。今回はガスレンジのお掃除方法をご紹介します。

五徳と受け皿

~方法その1~
五徳と受け皿は、鍋で水から煮立てます。沸騰して10分~20分ですが、頑固な汚れだと1時間ぐらいは必要な
場合もあります。煮立てた後は熱いうちに取り出し、磨きます。

~方法その2~
洗剤に浸け置きし、汚れを浮かせます。汚れ具合に応じて、浸け置き時間を長くしてください。浸け置き後は、緩んで浮いてきた汚れを、簡単に落とすことができます。

汚れが落ちたら、布にサラダ油を染み込ませ五徳と受け皿を磨きます。サビを防ぎ、汚れも付きにくくなります。

ガスレンジ全体

~方法その1~
五徳と受け皿以外の部分です。アルミホイルを丸め、クレンザーをつけて磨きます。磨いた後は、クレンザーをぼろ布などで拭き取ります。予想以上にきれいになります。

~方法その2~
重曹をガスレンジ全体にふりかけ、その上に濡らしたキッチンペーパーで覆います。1時間ほど置いて、拭き取ります。ぼろ布などで、きれいに重曹を拭き取ってくださいね。

魚焼きグリル

~グリル庫内~
グリル庫内の奥は使い終わった割りばしにぼろ布を巻き、重曹をつけて磨きます。手前は、布で汚れを拭き取ります。

~トレイ~
魚を焼くときに、トレイの水に片栗粉を混ぜておきます。焼き終わったらグリルが冷めるのを待ち、洗います。冷めると固まるので、そのまま捨てることができます。

まとめ

ガスレンジは汚れがたまる前にこまめに洗うのが一番ですが、なかなか難しいですよね。
月に1回でも綺麗にできればいい方です。
せめて大掃除の時は気合いを入れて、購入当初のようなピカピカのレンジにしてあげましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます