日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフにも4スタンス理論を活用

4スタンス理論というものを知っていますか?人は4つのスタンスに分けることができるのです。この4スタンス理論を理解してゴルフをすれば上達の近道になります。この理論をゴルフで活用してみましょう。

ゴルフにも4スタンス理論を活用

自分のゴルフスタイルを見出すことで

皆さんは、4スタンス理論というのはご存知でしょうか?それは人の体を4つのタイプに分けて、タイプ別にカラダの使い方や動かし方が違うという意味です。自分のゴルフスタイルは何なのか?と気になった方は、4スタンス理論で、先のどのタイプに所属しているのかを知ることが大切になります。それを知ることで、タイプにあったゴルフの上達法が見つかることでしょう。

気軽にできる4スタンス理論の判別方法

ゴルフの4スタンス理論で、どのタイプに属しているかの判別方法の一つを紹介していきます。つま先重心か、かかと重心を見分ける方法でして、前者は指先で引っ掛けるようにして鞄やつり革を持ちますが、後者は掌全体を使って鞄などを持つそうです。電車内で気軽にこのチェック方法がし易いかと思うので、つり革を見掛けたら実践してみると良いでしょう。

体を前屈させる判別方法

もう一つのつま先重心とかかと重心の判別方法を紹介します。前者は体の前面を触りながら前屈することで、安定させつつ深く曲げることができるのだそう。後者は、体の背面を触りながら前屈することによって、前者と同じく深く曲げられます。体を触る順番なのですが、つま先重心の場合、腿、膝の前、脛です。かかと重心の場合は、腿裏、膝裏、ふくらはぎの順番となります。私は、ゴルフの4スタンス理論では、こうした判別方法が大きく取り上げられているのだと実感しましたね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます