日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフをすると筋肉痛になります

ゴルフ初心者の方は初めてコースに出ると筋肉痛になります。ボールがあちこち飛ぶので走り回るからです。またゴルフで使う筋肉は普段の生活で使わないので筋肉痛になります。

ゴルフをすると筋肉痛になります

ゴルフ初心者の方が体験するであろう筋肉痛

ゴルフ初心者の方は、張り切ってゴルフをしようとする気持ちも手伝ってしまうが故に、筋肉痛になってしまうことが多々あるのではないでしょうか。ゴルフをすることで、普段使用していない筋肉を使うため、どうしても体に過度の負担が掛かってしまうのは致し方ありません。筋肉痛が、ゴルフ初心者の方への最初の洗礼だと感じさせますよね。

スイングの仕方と筋肉痛の関係

スイングの仕方を改善することで、ゴルフで筋肉痛にならないのではないか?とお思いの方は、これから紹介するスイング方法をご参考になさってください。それは、体全体の力を抜いて普段よりゆっくりなスピードでボールを打つというものです。そのスイングを実践することで、スイングが大きくなって飛距離アップが望めます。無駄な力を体に掛けないことが筋肉痛を避けることにつながるわけですね。

グリップの握り方を変えることで

ゴルフで手袋が破けてしまう方は、ひょっとしたら筋肉痛になっていたりしませんか?スイングに力を入れ過ぎてしまうことで、その力に連動して体への負担が大きくなってしまうそうですよ。左手は柔らかく握ることを意識した上で、上半身ではなくて下半身に力を入れてスイングすることで、飛距離アップにつながっていきます。要は、グリップの握り方に注意すれば、筋肉痛に悩まされなくなることにつながるわけです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます