日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフによって故障しやすい部位

ゴルフはスポーツですので故障はつきものです。人によって故障する部位は変わってきます。しかし、ゴルフは正しい体の使い方をすれば歳を重ねても続けることができるスポーツでもあります。

ゴルフによって故障しやすい部位

ゴルファーに多い背中の痛み

ゴルフをしている多くの方は、体が故障した経験をされているのではないでしょうか。代表的なものとして挙げられるのは、背筋痛だと言われているそうです。ゴルファーが、練習後に背中が痛くなるのが特徴でして、ゴルフをした後の帰宅時に背中に痛みが走るのが考えられますね。アドレス時においても、前傾姿勢を取るためなのか、背中への違和感を訴える方が居るそうです。

背筋痛はゴルファーの多くが抱える問題

背筋痛の続きです。新しいゴルフクラブに替えた後も、背中の痛みが起こるようです。確かに慣れないゴルフクラブを使用すれば、体への少なからずの負荷が掛かってしまうのは致し方ないですからね。ゴルフをしている以上は、背中の故障と隣り合わせになるのはどうしようもないことだ、と開き直っている方が割と沢山いらっしゃるような気がします。

ゴルフで体が故障することはある意味で必然

ベテランのゴルファーは、今まで数々の体の故障を経験されたのでしょうね。それだけ数多くの修羅場を潜り抜けてきたのでしょうし、数多の試練を乗り越えられたことを誇りに思っていることでしょう。ゴルフの練習に熱が入り過ぎたため、ついつい体を故障してしまった方がどれ程居るのか数えたらとんでもない数になってしまいそうですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます