日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのヤードはどれくらい?

ゴルフの距離はメートルではなくヤードを使いますよね。ヤードは日本人にあまり馴染みのない単位ですよね。そんなゴルフで使うヤードの起源や長さなどを紹介します。距離の感覚を把握しておきましょう。

ゴルフのヤードはどれくらい?

1ヤードはどの位の長さなの?

ゴルフをしている方は、ヤードという言葉をよく耳にしますよね。1ヤードは、0.9144 mと決まっていて、他のスポーツでもヤードが用いられているそうです。これをcmに直すと、91.44cmとなります。1ヤードがどの位の距離なのかが分かれば、大体の距離感が掴めるようになりますね。まあ、人によっては、1ヤードが丁度100cmだったら分かり易いのになあ、と思っているかもしれませんが、世界で認めた基準なので悪しからず。

何ヤードなのかを瞬時に割り出せることで

多くのゴルファーは、1ヤードは90cmなのだと頭にインプットされていることでしょう。プロゴルファーともなると、ショットした後に着地したボールの位置を察するや否や、ボールとカップの間は何ヤードなのか瞬時に理解できるのでしょうね。カップまでの距離が何ヤードか分かれば、ゴルフクラブの選択も容易になりますしね。

ヤードはそもそも何から始まっているの?

皆さんは、ヤードの起源はご存知ですか?何でもとある国の王子が、自分の鼻先から親指までの距離をヤードとしたのが始まりなのだそうです。ヤードは、真っ直ぐな枝または棒が語源となっています。ゴルフをしているからこそ、ヤードのことを深く知りたいという方は結構多いはず。ヤードが何なのかを知れば、ゴルフへの親しみが一層湧いてくることでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます