日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの動き方を紹介

バスケットボールをはじめたばかりの初心者の方は、動き方がいまいちよくわからいのではないでしょうか。初心者の方でもわかるバスケの動き方を紹介しします。参考にしてください。

バスケの動き方を紹介

邪魔にならないように動く

初心者の方からよく聞く話なのですが、パスを貰おうと動いていたり、ゴール下に密集してしまったりでチームメイトの邪魔になってしまい、得点に繋がらないということがあるようです。動き方がわからず、邪魔になってしまうと意味がありません。ここで大事なのはスペースを探して自分なりにゴールまでの道のりを組み立てることです。その際のマークの外し方がポイントになってきますが、最初は難しいのでできるだけ空いているスペースに自分から進んで行くことを意識しましょう。

ボールが欲しいという意思表示

スペースを見つけることができれば、パスが通るような工夫も大切になってきます。自分のディフェンスを外すためにカッティングやスクリーンなどの技を使ってパスが通るようにしましょう。

パスを貰う際に気をつけるべきこと

少し技術がついてくると、パスを貰うためにボールマンへのアピールが激しくなります。しかしここで重要なのは、「ディフェンスを外さないとパスは通らない」ということです。闇雲にアピールを続けてもパスがもらえなかったり、パスをカットされてしまっては意味がありません。せっかくのオフェンス、マイボールはチャンスですから、それを無駄にしなようにテクニックを使って良いオフェンスプレーができるよう意識しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます