日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのポジションを紹介

バスケのポジションいくつあるか知っていますか?またその特徴はどんなものなのでしょうか?身長が高いと有利だと言われているバスケですが低くても活躍できるポジションがあります。田臥選手がそうですよね。

バスケのポジションを紹介

バスケットのポジションって何?

全く知識がない状態で、テレビでバスケの試合を観戦したり、バスケを実際に始めてみようかなという人はバスケのルールも然ることながら、バスケのポジションについて知っておく必要があります。バスケのポジションについて次でご説明したいと思います。

そもそもバスケのポジションて何なの?

バスケットというスポーツは1チーム5人制でしますが、その5人にはそれぞれにポジションが決まっています。普通はその中の背が低い3人がアウトサイドに、残りの背が高い2人がインサイドを担当します。また各々のポジションにはその名前の他にもポジション番号というのがついています。1番~5番というようにです。それぞれのポジションには特質や役割があって、選手はその性質を備えていると良いチーム構成になります。

簡単にポジションについて解説します

バスケでは、アウトサイドにはポジション番号1番の「ポイントガード」2番の「シューテイングガード」3番の「スモールフォワード」があります。インサイトでは、4番の「パワーフォワード」5番の「センター」があります。アウトサイドのポジションでは基本的に長距離のシュートができる技術が求められます。またインサイドのポジションでは、試合の勝敗をも左右してしまうポジションとなるので、出来る限り高く跳んで身体を張るといった役割になります。その為、長身の方が試合運びとしては有利となります。このように5人各々の個性や特質等でポジションを決めますが、ポジションや役割は常に固定となっている訳ではありません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます