日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケの反則「ファウル」を紹介

バスケットボールの反則にファウルというものがあります。このファウルには種類があります。それぞれのどのような罰則があるのかなどを紹介します。バスケ初心者の方は参考にしてみてください。

バスケの反則「ファウル」を紹介

バスケのファウルについて

バスケットを知らない人にとってはそのルールすらわからないのも当然です。そういう人はテレビでバスケの試合を観てみてもイマイチよくわからないのでなんだかつまらないなっといった感じになるかと思います。全てのルールを覚えるのは大変なので、今回はバスケでのファウルについてご紹介したいと思います。

バスケの反則のファウルについてのご紹介

バスケの反則のうち「ファウル」というのは、自分か相手のどちらかに責任がある不当な身体の接触やスポーツマンシップに反する行為によって起きる違反行為を総称してこう呼んでいます。またファウル以外の反則に関しては「ヴァイオレーション」と言います。

ファウルに含まれる反則についてのご紹介

バスケでファウルに含まれるものには「パーソナル・ファウル」「アンスポーツマンライク・ファウル」「ディスクオリファイング・ファウル」「テクニカル・ファウル」「クリア・パス・ファウル」「ファイティング」「ハック」「ファウル・ゲーム」が含まれます。この中の「パーソナル・ファウル」は、コート上の選手同士の接触に起因するものを指します。このファウルをすると、罰則としては2種類あって、1つはシュート動作中の選手に対するファウルに関しては、選手に対してフリースローが与えられる事になっています。またその他で起こった場合には、近くのラインからのスローインでゲームが再開となるといった具合です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます