日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケのフリースロー

バスケのフリースローは相手のファールなどによって貰える権利ですよね。このフリースローはやる方も見ている方も緊張しませんか。バスケのフリースローの練習方法などを紹介します。

バスケのフリースロー

バスケのフリースローについて

バスケにはフリースローと呼ばれるものがあります。これはあるチームがファウル、もしくは特定のヴァイオレーションという反則をしてしまった場合に課される罰則の一つの事で、反則をした反対の相手のチームに与えられる得点を入れるチャンスの事を意味しています。フリースローをする選手は、フリースローのラインの手前から、どんな選手にも防御をされる事なく、ボールをバスケットゴールに目がけて放てるのです。罰則の種類によって、1~3投までの間で連続して投げられて、それがゴールしたら1点をゲットできます。

バスケのフリースローって勝敗を左右します

バスケのフリースローというのにはディフェンスに邪魔などをされる事がない為、シュートを決めれるかどうかは自分のテクニック次第となってきます。バスケの試合では、たった一本のフリースローがその試合での勝敗を決めてしまう場合だってあるのです。

バスケのフリースローのコツと練習方法

フリースローを上手く行う為には、「シュートの動作を常に一定にする」「シュートをする前に呼吸を整える」「フリースローのイメージトレーニングを行う」などがあります。投げ方のコツとしては、「つま先を少しだけ内側に向けて」「膝は曲げすぎない」「上半身をしっかり立てお尻は下げる」「指を柔らかくして広げてボールは持つ」「腕の振り方を意識して行う」「手首は直角近くにロックをする」などです。その他にも沢山の練習方法やコツがあります。フリースローのシュートを決める為にぜひ練習に取り入れてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます