日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

意外と知らない アウトドアウェアの本格的な使用法と選び方

昨今ではファッション要素としても取り入れられているアウトドアウェアですが、本格的なアウトドアに行く際の使い方や、ウェアを選ぶ基準など、意外と知らない方も多いのではないでしょうか。それらをまとめて紹介していきます。

意外と知らない アウトドアウェアの本格的な使用法と選び方

ウェアについて理解する

アウトドアでは基本的にウェアを重ね着する前提で作られています。コレにより寒暖差の激しい環境にも柔軟に対応できるのですが、これを「レイヤリング」と呼びます。アウトドアウェアを選ぶ際には、自分が買うウェアがレイヤリングのどの層に位置するのかを意識しながら決める必要があります。

レイヤリングの基本は3層

レイヤリングにおいてアウトドアウェアは大きく3層に分けることができます。肌に近い側から、保湿や吸汗速乾のための「ベースレイヤー」、シャツやフリースなど、暖かい空気を蓄える働きのある「ミッドレイヤー」、ミッドレイヤーが蓄えた熱を外に逃がさないようにして、更に雨や風から守るための「アウター」があります。必ずしも常にこれら全てを着用しなければならないわけではなく、状況に応じて必要なウェアを選ぶようにしましょう。

ベースレイヤーの選び方

ベースレイヤーにおいて重要なのは、汗をきちんと吸って適度に乾かすことができることです。そのため、普通のTシャツなどではなく、スポーツ用の汗を素早く吸い取ってくれる素材のものを選ぶようにしましょう。また、最近ではユニクロのヒートテックなど、汗を熱に変える素材でできたインナー素材も数多く販売されているため、冬の本格登山には是非取り入れていきたいところです。

ミッドレイヤーの選び方

ミッドレイヤーは最も選択肢が幅広いレイヤーです。というのも寒暖差を調整するために一番簡単な方法は、このミッドレイヤーを環境に応じたものにすることだからです。春や秋のハイキングのようなアウトドアであれば、シャツだけでも十分でしょうし、寒い山道を登るようであればインナーダウンの下に更にフリースを着たりするでしょう。必ずこうでなくてはならないという決まりはないので、自分が快適に過ごせる着こなしを研究してみるのもいいですね。

アウターの選び方について

アウターもミッドレイヤーほどではありませんが、ゴアテックスなどの優れた防風防水素材を使用した本格アウトドア仕様のものから、軽くて動きやすさを重視したウィンドブレーカーのようなものまであります。また、気温や環境によってはミッドレイヤーのウェアだけでも十分対応できるケースも少なくないので、自分の行き先によって必要かどうかを見極められるようにしましょう。

寒い季節にはタイツは必須

アウトドアのウェアというとつい上半身の商品を考えてしまいがちですが、下半身からも実はかなりの汗や熱が出ており、それらを適切に処理できないと蒸れたり、上下半身の寒暖差により動きにくかったりと様々な障害が起きます。本格的なアウトドアの場合、アウトドア用のパンツを履くのはもちろんですが、熱を閉じ込めてくれたり、登山など運動の疲れを軽減してくれるタイツを持っておくと非常に役に立つはずです。

何から決めればいいかわからない方は

理屈ばかり並べられて、何から買えばいいかピンと来ない方もいるかと思いますが、極端に寒い環境に飛び込んでいく訳でも無い限り、フェスへの参戦や春先や秋のキャンプなどではアウターが一着あれば大体のシチュエーションで事足ります。なので、防水・防風や暖かさなどの機能面に加えて毎日着てもいいと思えるようなデザインのアウターを選ぶようにしましょう。特にアウターはウェアの中では高価なほうですが、メンテナンスを怠らなければかなり長く使えるので、購入の際にはよく検討しましょう。

特に登山に挑戦するときは要注意

最近のアウトドアブームにより、登山などへのハードルは非常に低くなっているように感じるかもしれませんが、適切なウェアを着用していないと、山道特有の急な天候の変化や日差しが強くなったりする状況に対応できずに、最悪の場合、命に関わる問題になりかねません。そのため、それぞれのウェアの意味を適切に理解する。分からない場合は経験者などに相談して独断で決めてしまうようなことが無いようにしましょう。

素敵なアウトドアライフを送るために

アウトドアは普段の日常にはない様々な楽しみを与えてくれます。それらを台無しにせず、雨や風すらも楽しめるように、適切なウェアを選ぶことは大変重要になってきます。これから自分が行くであろう環境について考えた上でウェアを購入して、素敵なアウトドアライフを満喫してください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます