日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

一つは持っておきたい アウトドア用のボストンバッグ一覧

アウトドアに持っていくカバンというとリュックが真っ先に浮かぶかもしれませんが、軽めでのアウトドアや、一つ持っておくと便利なのがボストンバッグです。そこでアウトドアの視点からおすすめボストンバッグを集めて考察してみました。

一つは持っておきたい アウトドア用のボストンバッグ一覧

ノースフェース ダッフルバッグ

ノースフェースのダッフルバッグ、こちらはボストンバッグの用に扱うことはもちろん、リュックのように背負ったりと3通りの持ち方のできる優れものになっています。アウトドアにおいては、環境によってはリュックが必ずしも最適でないシチュエーションも存在しますが、こちらのダッフルバッグを持っておけばそういった心配をする必要がありません。大きさも数多く取り揃っているため、自分の用途にあったサイズの商品を選択できる点もいいですね。

コロンビア トレッキングバッグ30L

航空機の機内持ち込みのサイズ規格にあてはまったバッグなので、アウトドア用途はもちろんのこと、航空機での移動を頻繁にする方には特におすすめのバッグになっております。こちらも先ほどのノースフェースのバッグと同様3WAY構造のため、様々な環境に対応することができるでしょう。シックなグリーンとクールな印象のブラックが用意されております。

パタゴニア ブラックホールダッフル

先ほどの2つと同様3WAY構造でボストンバッグとしてだけでない形で使用することができます。最大のサイズが120Lとかなり大きめの規格まで用意されているため、サバイバルのようなアウトドアや、長期の旅行用としても使えるでしょう。防水性が非常に高い素材を使用して作られているため、アウトドアでの一番の不安要素といってもいい悪天候にもしっかりと対応してくれるのもありがたい点です。カラーバリエーションがかなり豊富に揃っているため、自分のお気に入りのバッグを選べるでしょう。

マムート カーゴンボストンバッグ

赤と黒の配色が印象的なこのバッグもリュックのように使用することができます。男らしいデザインのため、アウトドアでは愛用している方も多いのではないでしょうか。最大140Lとバケモノ級の容量を備えるモデルも存在するので、この独特なデザインが気に入ったのであれば自分にあったサイズのものが必ず見つかるでしょう。

コールマン トレッキングバッグ

アウトドア用品では日本で馴染み深いコールマンのボストンバッグになっております。先ほどまでに挙げてきたバッグよりも比較的安価で本格アウトドアにも対応できるので、予算に限りがある場合の選択肢としては最適です。チェック柄などポップな柄も取り揃っているので、アウトドア特有のゴツゴツした感じが苦手だけどしっかりしたものが欲しい方にもおすすめです。

アウトドアプロダクツ ボストンキャリー

アウトドアと聞くとこっちのブランド名のほうを思い浮かべる方も少なくないのではないでしょう。どちらかというと旅行用のバッグになってしまいますが、アウトドアとしても便利なので紹介したいと思います。旅行用のキャリーバッグというと、手に持つと持ちにくかったり実は意外と取り回しが悪かったりしますが、こちらのボストンキャリーはボストンバッグのように持ち運べるだけでなく、リュックのように使用したりと、先ほどまでいくつか紹介してきたダッフルバッグのような使い方もできます。少々重くはなりますが、軽めのピクニックなどで基本的には平坦な道を通るけど、階段もないわけじゃない…なんて場所に行くときにはピッタリです。

ボストンバッグは3WAYが主流か

ここまでいくつかボストンバッグを紹介してきました。見て分かる通り、どのバッグも基本的にはアウトドア用となると何通りかの持ち方ができるように工夫されているものが、最近では主流になってきています。そのため開閉機構が増えるため、アウトドア用のリュックほどの耐久性はないかもしれませんが、よほど過酷な環境でない場所で使用する分には全く問題ないレベルでしょう。

肩掛けで使用する場合は要注意

ボストンバッグとして使用する場合、大きめのサイズになるほど肩掛けで使用するケースが多いかと思いますが、長い間同じ肩にかけつづけていくと身体のバランスが崩れやすい特徴がこのバッグにはあります。アウトドアでは普段日常的に使わないような筋肉を使ったりするため、それが特に顕著に出やすいので、疲れの原因となる場合も多くあります。そういった時には逆の肩にかけたり、背負う機構が付いている場合はそれを利用するのがいいでしょう。

リュックにない魅力を備える

ボストンバッグにはリュックでは実現できない開閉口の広さや、独特の丸みを帯びたデザインなど、ボストンバッグでしか実現できない利点も数多く存在します。アウトドアに持っていく荷物が増えてきたのであれば、是非購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます