日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドアに乗って行きたい! おすすめの車と選び方

アウトドアというと電車やバスでも移動はできますが、やはり自分の運転する車で現地に向かってこそ本当の醍醐味を感じられるものではないでしょうか。そこで、アウトドアに向いている車とは一体どのような車なのか考えていきましょう。

アウトドアに乗って行きたい! おすすめの車と選び方

車高が高い車を選ぼう

アウトドアに向かう際の路面は必ずしも綺麗に舗装されているとは限らず、非常に路面の状態が悪かったりすることも少なくありません。高い車高はある程度の凹凸でも底面を擦らずに走ることができます。アウトドア用のタイヤを使えば、道無き道のような山道などでも余裕をもって走破できるでしょう。

駆動方式は4WDにする

ちょっとしたハイキングやキャンプでは2輪駆動の車でもいいですが、アウトドアの楽しみを味わえる車といえばやはり四駆でしょう。雪道や路面の悪い坂道などでも安心して走ることができますし、インテリア的な面でも4WDの車はアウトドアに向けたデザインをしていることが多いたです。何より見た目にアウトドア感がバッチリ現れるのもアウトドア好きにはたまらないでしょう。

荷物がたくさん積める

アウトドアではどうしても荷物が多くなりがちです。上手に自分にとって本当に必要な道具を取捨選択することも大切ですが、せっかく自分の車でアウトドアに出かけるわけですから、やりたいことを全部実現するためにも、なるべく多く荷物を積める設計の車をおすすめします。アウトドアに向けた車では、コンパクトなものでも後部座席を完全にフラットにしたりして容量を確保することができる車も多いので、自分が持って行きたい荷物量と照らし合わせてみて適切な大きさの車を選びましょう。

インテリアの機能性を考える

4WDの項目で少し触れましたが、インテリアもなるべくアウトドアに向けた設計がされているものを選びましょう。アウトドアをする場所に乗っていくと、雪や泥、あるいは大量の砂がついたままの状態で人や荷物を載せるケースが多々あるため、掃除やメンテナンスがしやすい材質のシートを選ぶことは非常に後々役に立ってくれます。

車中泊も可能なものにする

アウトドアにおいては行く先に必ずしも宿泊施設があるとは限りませんし、予算削減のためにも車中泊という選択肢を取ることも多いはずです。その際にただ座席を倒した状態で寝るのと、フラットなシートでゆったりと寝るのとでは雲泥の差があります。本格的に車中泊を検討している場合は、専用のマットを敷くことも視野に入れて選ぶといいですね。

それでどんな車を選べばいいの?

ここからは以上で挙げてきた条件に当てはまるような車を紹介していきます。まず第一に紹介したいのはトヨタのランドクルーザーです。日本だけでなく海外でも非常に高い評価を得ているこの車の特徴はなんといっても、その高い走破性。どんな悪路にも柔軟に対応するその姿は無敵といってもいいでしょう。

日産エクストレイルも

もう一つおすすめとして紹介したいのは日産のエクストレイルです。非常に高い燃費性能を誇り、リアシートを畳むことができるので収納容量にもゆとりがあります。価格もランドクルーザーよりかは手頃なので、コストパフォーマンスも抜群です。

どうしても軽自動車で…という方には

アウトドア向けの普通車ですと、車体そのものの値段に加えてランニングコストも多くかかります。それらを軽自動車にして少しでも抑えようとかんがえている方にオススメなのが、スズキのハスラーです。軽自動車にしては比較的高めの車高をもち、シートのレイアウトの幅も広いため、軽めのアウトドアでしたら、この車で十分対応できるでしょう。

余裕をもった予算設計を

これから購入を検討しているかたが気をつけたいのは、アウトドアに向けた仕様の車は普通の乗用車と比べるとやや割高であることが多いです。また、車本体以外にもルーフの取り付けなどをすると更に費用がかかりますし、車のグレードももっとも低いものから一つランクを上げるだけで大分印象が変わってきます。これらを踏まえて、予算設計はなるべく余裕をもったものにしたほうがいいですね。

せっかくアウトドアに行くなら

やはり乗り慣れた車でアウトドアに行くのは大変気分がいいものです。今回紹介した3車種以外にもそれぞれのメーカーからアウトドア向けの車種は大小問わず販売されているので、自分の用途にあったお気に入りの一台をみつけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます