日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

関西で人気のイチゴ狩りスポットを紹介!

おなか一杯旬のイチゴが食べたい!そんなあなたの希望を満たすのが、魅惑のイチゴ狩り。そして今回は関西で楽しめるイチゴ狩りスポットを紹介したいと思います。関西住の方もそうじゃない方も、今年はイチゴ狩りへ行こう!!

関西で人気のイチゴ狩りスポットを紹介!

滋賀県大津市、舞子いちご園

関西圏、滋賀県大津市、近江舞子いちご園では、ハウス栽培ではなく、なんと露地栽培の開放感たっぷりのイチゴ狩りを楽しむことができます。その分収穫時期は3週間と短めですが、丹精込めて栽培されたイチゴは甘みが強く、癖になっちゃいそうです。

滋賀県長浜市、純野菜王国

関西圏、滋賀県長浜町、純野菜王国では、野菜大好きなオーナーの栽培した美味しいイチゴが味わうことができます。無加温で育てられた大粒の甘いイチゴは、より濃厚になり、大満足です。アットホームなハウスの中で、ゆったりとイチゴ狩りを楽しむことができ、加えて車いすなどでも楽しむことができますよ!

滋賀県草津市、ロックベイガーデン

関西圏、滋賀県草津市、ロックベイガーデンでは、広大なハウスで、草津市に近接する農業体験施設でイチゴ狩りを堪能できます!!時間は無制限で、ゆっくりたくさんのイチゴを味わうことができて、なにかと経済的ですね。車いすでも移動できるほどのハウス内で、あきひめなどの人気品種を楽しむこともできます、しかし、食べ放題ではないので、量り売りで、食べたい分だけもちかえりましょうね。

滋賀県甲賀市、鹿深苺園

関西圏、滋賀県甲賀市、鹿深いちご園では、車いすでイチゴ狩りができるほどの広い通路で、バリアフリーなイチゴ狩りを楽しむ事ができます。もちろんベビーカーでも移動はスムーズなので、お子様をつれた家族層にも大人気です。直売所では、ジェラートやソフトクリームなどの、スイーツも味わうことができます。トマト狩りも開催されることがあるため、一年中楽しめるスポットですね。

滋賀県甲賀市、甲賀いちごハウス

関西圏、滋賀県甲賀市いちごハウスでは、「くのうわせといとにょほう」という、品種を交配した、アキヒメという品種を栽培しています。糖度が高く、酸味が少なめで、大粒の大きいいちごは万人から親しまれる存在です。30分間、大いに楽しみましょう。売店ではイチゴの販売もしていますので、おみやげは大粒のイチゴを買っていってあげましょうね。

滋賀県野州市、フェリーチェ

関西圏、滋賀県野州市、いちご・ブルーベリー園フリーチェでは、農薬の使用を、控えた、安心なイチゴ狩りを楽しむことができます、海洋深層水や、天然のビール酵母などを散布することで、とても甘く人気のあるいちごを収穫することができるようです。

滋賀県、東近江市、TBERRYFARM

関西圏、滋賀県東近江市、TBERRYFARMでは、大粒のイチゴを楽しむ事ができます、地球環境に優しい、無加温や、無電照製法で育てた安心のイチゴたち。品種はあきひめ・紅ほっぺ・弥生姫の三種類で、そのどれもが大粒のあまーいイチゴです!!

大阪府堺市北区、いちごの堺

関西圏、大阪府堺市北区、いちごの堺では、品質のよいイチゴを栽培するために、「中空構造栽培層」なる技法を採用し、完熟のイチゴを食べることができます、時間は60分で、ぞんぶんに旬の甘いいちごを食することができ、なんともお得です。

大阪府岸和田市、イチゴ畑はる

関西圏、大阪府岸和田市、いちご園はるでは、あすかルビーという品種を、高設栽培なので、しゃがむことなく楽しむ事が可能です。しかも、地面は土ではありませんので、土だらけになる心配もなく、お子様づれにもあんしんのイチゴ狩りですね。練乳だけでなく、ソフトクリームや、ケーキなども、無料サービスとして提供されているのも良いですね。

関西圏、大阪府岸和田市、岸和田観光農園

関西圏、大阪府岸和田市、岸和田観光農園では、女峰という品種を、しかも時間無制限で楽しむ事ができます。女峰とは、甘みの強い品種で、イチゴ狩りの定番ともいえる品種です。加えて、農園内で、バーベキューなどもすることができ、お子様連れなどでも、飽きることなく農園を満喫できるのではないでしょうか?

大阪府貝塚市、たわわ

関西圏、大阪府貝塚市、たわわでは、大粒のあきひめを、量り売りで販売してくれます、350g500で、お土産として、喜ばれることでしょう。ただし、開園から11時半までが受付時間と決まっており、意外と短いので、いくときは気をつけたほうがいいみたいですね!!

関西圏でイチゴ狩りをしましょう。

いかがでしたでしょうか。滋賀県は県をあげてイチゴ狩りを推していますね。滋賀の観光協会では、12月中旬からイチゴ狩りの情報公開がはじまります!!ビタミンたっぷりの土の恵み、イチゴ!!食べ放題で存分に楽しんじゃいましょう!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます