日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

静岡の人気イベントをご紹介!

静岡県の人気のおすすめイベントをご紹介します。お茶の生産量が日本一が有名ですね。がんの発生率が少ない静岡県。静岡のイベントはどんなものがあるか見ていきましょう。

静岡の人気イベントをご紹介!

冬でも花火を上げる静岡県

打ち上げ花火といえば夏のイメージがあると思いますが、静岡県では12月にも打ち上げ花火を上がるイベントが開催されています。場所は人気観光スポットの熱海。期間は12月初旬からクリスマス前まですり鉢状の地形をいかした音響効果のある熱海で壮大な忘年打ち上げ花火イベントが開催されます。

花火だけじゃない冬の定番

冬の定番といえば、イルミネーション。静岡県でもイルミネーションのイベントは開催されています。おススメスポットは浜名湖で行われるフラワーイルミネーションです。夜空に輝く100万球のイルミネーションは圧巻で、ライトアップされた大噴水ショーは心奪われるスケールです。

青葉のイルミネーションもオススメ

静岡県の浜名湖は西に位置しますが、その他にも青葉シンボルイルミネーションもおススメです。静岡の中心市街地のおまち全体で行われるイベントで20万球のLEDでシンボルロードを彩ります。また日本平動物園とのコラボで水辺にナイトZOOとし動物を彩ったアートが子供から大人まで虜にします。

新年の初詣の人気スポット

静岡県で人気の初詣のスポットは富士山は外せませんが、登頂が無理でも富士山本宮浅間大社があります。元旦だけで10万人、正月の三が日だけで30万人の参拝者が訪れる人気の初詣スポットです。1月2日には氏子による餅つき大会や奉納太鼓の演奏などで境内は大変賑やかな雰囲気になります。

特別大祈祷が行われる大本山方広寺

静岡県の浜松市にある大本山方広寺では正月の三が日では3万人の参拝者が訪れる人気スポットで、元旦から新春特別大祈祷が行われます。特徴は厄難消除や火災消除が有名なお寺になります。

静岡県の季節を感じる梅まつり

静岡の熱海にある梅園は日本一早咲きとして有名です。お茶の生産量が日本一は有名ですが、まだまだ日本一がありそうな静岡県です。樹齢100年を超える古樹や59品種472本の梅の木が咲き誇ります。開催時期は1月から3月と早咲きから満開までの咲き方を見ていくのも面白いです。

3月はひな祭り一色のイベント

3月はひな祭りのイベント時期です。その中でもおススメの人気スポットは雛のつるし飾りまつりが人気です。場所は静岡県の東伊豆に位置し、イベントは江戸時代からの風習の由緒ある伝統行事です。特別会場の雛の館以外でも町のあちこちに雛人形がお出迎えしてくれます。

みどころ満載の桜咲く静岡県

静岡の南伊豆に位置し青野川沿いにはおよそ2キロに及ぶ、河津桜が植えられており、例年では2月中旬あたりに見ごろを迎え、桜茶会が営われ、夜には幻想的な夜桜で多くの人で賑わうスポットです。また同じ時期に菜の花も見ごろを迎えるので桜と菜の花のピンクと黄色の共演も期待大です。

文部科学大臣賞を目指す花火師

8月は夏まりのイベント時期で、夏祭りといえば打ち上げ花火。毎年静岡県の袋井市では文部科学大臣賞を目指し超一流の花火師が集まります。打ち上げ数も2万発の打ち上げ花火があがります。どれもこれも超一流の花火師が上げる花火なので、圧巻です。音楽と花火とのエンターテイメントは新しい打ち上げ花火でストーリーを織りなす作品もあります。

静岡県の紅葉人気スポット

静岡県の紅葉の人気スポットは熱海にある熱海梅園です。熱海という土地柄、温かな気候ですので熱海の梅は日本一早く咲き、日本一遅く色づくとされています。またもみじが見ごろになるとライトアップで幻想的な空間を作り、足湯も開設されるので、秋の夜長にぴったり季節を感じる事ができます。

静岡の人気おススメイベントは

静岡県冬の最大のイベントは御殿場高原で開催される時之栖のイルミネーションです。園内全域に520万球も電飾が施され、百花繚乱な全長450メートルの光のトンネルは幻想世界の入り口のようで県内問わず、県外からも多くの観光客で賑やかになります。広大な敷地を有しているので、入場者の多さも感じることなく散策できると思います。

広大な敷地を有する静岡県

静岡県の広さは全国13位で広大な土地とともに四季折々のイベントも各地で開催されています。東西に長い静岡県ならではのイベントに足を運んで見るのも季節を感じるためには良いですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます