日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

渋滞予測で安心 お盆の帰省ラッシュの対策方法

お盆になると、帰省や旅行などで車を使う人が多くなるのでどうしても道路が混みがちですが、そこで役に立つのが渋滞予測です。今回はお盆に役立てたい様々な渋滞予測方法とその回避法を紹介していきましょう。

渋滞予測で安心 お盆の帰省ラッシュの対策方法

渋滞予報カレンダーを活用する

渋滞予報カレンダーは、JARTICの提供している渋滞予測サイトで、路線や日付を選択することにより、渋滞するであろう路線と時間や、そのピークについて知ることができます。お盆の時期を選択すると、やはり他の日に比べて情報が多くなっているので、このサイトを参考に前もって情報を得ておけば、時間をずらして出発したり、迂回できるルートがある場合はそちらの道を使用したりと、予測される渋滞に対して柔軟に対応することができるでしょう。

渋滞予測ルート検索を活用する

渋滞予測ルート検索はNEXCOの提供しているサイトで、出発地点と到着地点のインターチェンジをそれぞれ設定して、日時を指定することにより、通るであろうルートの渋滞予測をしてくれるサイトになっています。先ほどの渋滞予報カレンダーは、使用する路線を知らないと上手に活用することができませんが、こちらは使用するルートも渋滞情報と同時に表示してくれるので、お盆などの大型連休などでしか車に乗らず、自分がどの道を通るべきなのか分からない運転に不慣れな人でも、簡単に渋滞予測情報を手に入れることができます。

ドライブトラフィックを活用する

ZENRINが提供しているこのドライブトラフィックは通常の渋滞予測の他にも、リアルタイムの情報や、工事規制の情報などと多角的に渋滞情報を表示することができるサイトになっています。また、スマートフォンでも見やすいようなページレイアウトになっており、車内で現在の高速道路の状況などを調べる時でも迷うこと無く必要な情報を取り出せるでしょう。お盆はあまり関係ありませんが、雪が降る地方に行く際には雪道ライブカメラも表示できるようになっており、冬場に路面の状況が心配な時には是非活用していきたいところです。

スマートフォンのアプリを活用する

最近ではスマートフォンでも非常に優秀なナビアプリも多く公開されており、その中の渋滞予測を参考にするのも良いでしょう。スマートフォンならではのリアルタイムの情報をいち早く表示してくれるため、場合によっては車載のナビよりも渋滞予測においては役に立ってくれるかもしれません。また、渋滞予測機能だけを切り取って使用することができるアプリも公開されているため、ルート案内は車載のナビに任せたいという方も活用することができるでしょう。

最近ではパソコンのアプリにも

タブレット型のPCなどの普及によって、パソコンでもマップを表示できたり、GPSで現在地を取得できる機器も増えてきました。そのため、スマートフォンの情報量や画面の大きさに不満な方でも、これらを組み合わせることにより、ストレスなく渋滞予測をすることができるでしょう。

渋滞回避の基本は時間をずらすこと

渋滞を回避する上で最も有効なのは、やはり混む時間帯を避けて移動するのが最も効果的です。たとえお盆で車がいつもよりも多くても、深夜や明け方などなら、それほどストレス無く走行できる道路がほとんどです。先ほど挙げた渋滞予測のサイトやアプリを有効活用することにより、場所によってはピンポイントで混みそうな時間帯を避けることもできるはずです。

迂回路を前もって知っておく

高速道路などではなかなか難しい場合も多いですが、一般道を絡めて移動したりする際には、予め迂回路を用意しておく事も有効です。特にお盆のシーズンは高速を降りてインターチェンジから自宅までの道で、最後の最後にとんでもない渋滞に巻き込まれてしまうケースも少なくありません。そういう時に備えて、主要幹線道路から一本外れた抜け道を覚えておくと、とても役に立つでしょう。

居眠り運転にはくれぐれも注意

どんなに完璧なルート設計をしても、事故などでやむを得ず渋滞してしまうケースもあるでしょう。そんな時にどうしても辛いのが眠気との戦いです。お盆などで渋滞がひどい時は、サービスエリアに寄ろうにもどこも満車である場合も多いので、運転のペース配分には十分なゆとりを持つようにしましょう。

渋滞ストレス軽減のために

お盆どきはどうしても車の交通量が増えるため、必然的に渋滞の長さも長くなってしまいます。今回紹介したサイトなどを上手に活用して、出来る限り渋滞のストレスを軽減するようにしてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます