日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

1年を振り返って 2015年人気カラオケナンバー集

いよいよ2015年もあとわずかとなりましたが、みなさんは今年のカラオケでは何を歌っていましたか?今回は定番曲から今年大流行した人気のあの曲まで、2015年のカラオケ人気ナンバーをまとめて見ていきましょう。

1年を振り返って 2015年人気カラオケナンバー集

人気曲1 ひまわりの約束

秦基博の歌う「ひまわりの約束」は映画STAND BY ME ドラえもんに使用されるなどして人気となった曲で、そのキャッチーなメロディから2015年は非常に人気を集めたナンバーになっています。まっすぐでわかりやすいけれど優しい秦基博さんらしい歌詞が素晴らしい曲でカラオケでも歌いやすいでしょう。

人気曲2 Let It Go

ディズニー映画、アナと雪の女王に使用されたこの「Let It Go 〜ありのままで〜」は映画上映開始時は街中がこの曲だらけになるほどの反響を呼びましたね。映画が終わった年末に入っても、一度耳にすれば忘れない強烈なインパクトのあるメロディからか、松たか子さんバージョンのこの曲は、未だに総合カラオケ人気ランキング上位を占めています。

人気曲3 恋するフォーチュンクッキー

昨年流行したAKB48の「恋するフォーチュンクッキー」も、昨年ほどの爆発的な勢いは見られませんが、1年以上たった現在でもカラオケランキング上位に健在している非常に人気の根強い曲です。老若男女問わず幅広い層からの支持を集めるAKB48のこの曲は、カラオケにおける新スタンダードといっても過言ではないのではないでしょうか。振り付けを覚えてみんなで踊れば盛り上がること間違いなしですね。

人気曲4 Dragon Night

SEKAI NO OWARIが昨年リリースしたキラーチューン「Dragon Night」も1年通して人気だった曲といえるでしょう。セカオ輪と呼ばれるファンだけでなく幅広い層にまで受け入れられたこの曲は、幸せがにじみ出るようなメロディと歌詞は思わず口ずさまずにはいられないようなキャッチーさを兼ね備えています。

人気曲5 残酷な天使のテーゼ

新世紀エヴァンゲリオンの主題歌として有名な「残酷な天使のテーゼ」は、アニソンランキングだけでなく、総合ランキングの中でも常に上位に食い込んでくるようなモンスターチューンになっています。アニメ放送終了後も、映画新作やパチンコ・スロットなどで人気を集め続け、少し日本的なメロディが日本人であれば誰の耳にも馴染みやすいのが根強い人気の秘訣かもしれません。

人気曲6 R.Y.U.S.E.I

大人気R&Bグループ3代目 J Soul Brothers from EXLE TRIBEからは「R.Y.U.S.E.I」を取り上げようと思います。非常に人気曲の多いグループなのでどの曲も月間ランキングの上位を占めていますが、R.Y.U.S.E.Iは2014年の6月からほぼ常に毎月ランクインしている人気のナンバーです。ノリノリのビートと切ない歌詞で男女問わず若年層に非常に人気の高い曲ですね。

人気曲7 -千本桜-

もともとボーカロイド曲を一般層に広めるのに非常に強い役割を果たしたこの「千本桜」は以降登場したボカロ曲を抑えて常にダントツの1位を誇る曲です。人間では再現不能の歌声をカラオケでいかに表現するかもカラオケ好きとしては楽しみの一つとなっていますね。

人気曲8 君の知らない物語

アニメ化物語に使用された「君の知らない物語」は物語風の切ない歌詞が10代を中心に爆発的な人気を集めたキラーチューンです。カラオケでは女性だけでなくオクターブ下で男性が歌うことができるキーなのもカラオケでの人気の理由かもしれません。

人気曲9 小さな恋の歌

既に10年以上の月日が経過した曲ですが、未だにカラオケランキングの上位に入り続けるバンド音楽の中では異例の曲が「小さな恋の歌」です。歌えば世代を超えて盛り上がることができる、誰もが楽しむことができてちょっぴり切ないカラオケでは定番の曲ですね。

人気曲9 チェリー(スピッツ)

スピッツといえばこの曲と思える「チェリー」ですが、時代を超えていまだに愛されるナンバーのようです。低い声の女性でも歌いやすい曲なので、どちらかというと最近では女性が歌うケースが多いようですね。

流行り廃りだけではない

こうして1年のランキングを元に何曲かピックアップしてきましたが、ランキングを見ていると、必ずしも流行り廃りだけではなく、時代を超えて愛されている曲がカラオケランキングの上位にいるようです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます