日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

定番から最新ナンバーまで カラオケで歌うアニソン

今やカラオケシーンにおいて無くてはならないのがアニソンですね。定番のアニソンから最新の曲まで、カラオケでオススメのアニソンを新旧問わず幅広くピックアップして紹介していきます。

定番から最新ナンバーまで カラオケで歌うアニソン

アニソン1 残酷な天使のテーゼ

アニメ新世紀エヴァンゲリオンのオープニングを飾った「残酷な天使のテーゼ」は1995年に発売されて既に20年以上経過しているにもかかわらず、未だに世代を超えて愛されるこの曲は、アニソンのスタンダードといえる曲でしょう。カラオケもノリノリで歌える丁度いいリズムなので、アニメファンだけでなくとも盛り上がれるのはこの曲の最大の強みではないでしょうか。

アニソン2 ライオン

アニメマクロスFの主題歌および劇中歌となった「ライオン」は女性2人の掛け合いが盛り上がること間違い無しの曲です。アニソン好きの輪の中で、歌の上手い女性2人がこれを歌えば会場の空気は一気に最高潮まで跳ね上がるでしょう。全員がアニソン好きなら男性がネタ枠でやるのも面白いですね。

アニソン3 ウィーアー!

アニメワンピースの最初のオープニングを飾った「ウィーアー!」は当時テレビを見ていた人なら誰もが知っているアニソンの名曲でしょう。周りを巻き込んで歌うことのできるこの曲はカラオケでうたえば自分だけでなく誰もが楽しむことができるでしょう。

4 CHA-LA HEAD-CHA-LA

影山ヒロノブさんの歌うドラゴンボールZの主題歌となった「CHA-LA HEAD-CHA-LA」もまた、誰もが知るアニソンの一つでしょう。サビの最後でみんなでスパーキングすれば大体のことはヘッチャラな気分になれますね!特に年配の方が多いカラオケの席でしたら盛り上がること間違いなしでしょう。

アニソン5 1/3の純情な感情

SIAM SHADEの「1/3の純情な感情」はこの曲でこのバンドを知った人も沢山いるであろう名曲ですね。最近では実写リメイクで再評価されているのでもう一度見てみると子供の頃には感じられなかった新しい発見を得られるかもしれませんよ。この曲以外にもYUKIの在籍していたジュディマリの「そばかす」もこのアニメの主題歌でしたね。どちらの曲もアニソンっぽくないアニソンなので、周りが受け入れてくれなさそうなカラオケの席で歌っても安心です。

アニソン6 INVOKE

TM Revolutionの「INVOKE」もまたガンダムアニメにカッコいいイメージを植えつけた偉大なアニソンの一つでしょう。また、本人も作中に声優として参加していたりと、非常に力を入れて取り組んでいたようです。拘りの強い(偏見ですが)ガンダムファンとのカラオケではきっと盛り上がりますね。

アニソン7 God knows…

この曲が出た当時はニコニコ動画などで歌ってみた動画や弾いてみた動画が最も盛んだった時期なので、ネト充の方であればカラオケで歌った動画をアップロードしていた経験もあったり無かったりするのではないでしょうか。アニソンだけど本気で歌いたい時にピッタリの曲です。

アニソン8 GO! GO! MANIAC

こちらも同時期のアニメですね。けいおん!!のオープニングの中でも特に早口な曲なので、この曲を歌う際には信者度が試される瞬間でもあります。アニソンに抵抗ある人の前で歌うとドン引きされるので注意しましょう。

アニソン9 紅蓮の弓矢

Linked Horizonの手がけた有名コミックスのアニメ進撃の巨人の主題歌「紅蓮の弓矢」はカラオケで知っている人であれば一緒に歌わずにはいられない曲に仕上がっています。好き嫌いが別れるサウンドホライズンですが、比較的誰でも好きになれるようなナンバーではないでしょうか。

アニソン10 StarRingChild

aimerの「StarRingChild」です。知っている人を沢山集めて「ゆにこおおおおおおおん」しましょう。わからない人を置いていけばいいと思います。…というのは冗談ですが、アニソンらしくない切ないナンバーは本気で歌い切れればかなりかっこいいのではないでしょうか。

進化し続けるアニソン

楽しいアニメをより奥深いものにしてくれて、さらにカラオケでも楽しめてしまうなんてアニソンは日本文化の結晶といっても過言ではありませんね。途中から主観たっぷりでお届けしましたが、皆さんも素晴らしいアニソンライフをお送りください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます