日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

これからキャンプを始める方へ送るキャンプ用品入門

アウトドアの醍醐味といえば、自然の中で非日常を味わうことのできるキャンプでしょう。難しいイメージがありますが、実は最低限のキャンプ用品を集めるだけで始められるんです。そこで、初心者に送るキャンプ用品についてのまとめです。

これからキャンプを始める方へ送るキャンプ用品入門

三種の神器 テント・シュラフ・マット

ある程度日帰りのアウトドア経験がある方でしたら、それらに加えてこの3つのキャンプ用品を揃えるだけで最低限のキャンプは成立します。雨風を凌ぐためのテント、暖かい寝袋であるシュラフ、そして寝るときの床に敷いて寝やすい環境を整えるためのマットがあれば、寝るだけであればよほどの雪山でなければ十分なんです。これらの他にも照明や、夏場であれば蚊取り線香があるとより快適に過ごすことができるでしょう。

食器や調理器具などを揃える

とはいえ、せっかくキャンプをするのであれば、大自然のなかで食べ物を作ったり食べたりしたいですよね。そこで、キャンプ向けの壊れにくい食器や調理器具などが必要となります。なんでもあればいいという訳ではなく、限られた荷物のなかで本当に必要な物を取捨選択するのもキャンプの楽しみの一つだったりするので、慣れてきたらナイフやライターとわずかな食器などだけのキャンプ用品で臨むサバイバル風のキャンプも楽しいですよ。

大人数で行くなら椅子や机も

一人で黙々と大自然の中で過ごすキャンプもいいですが、みんなでわいわい楽しむキャンプも素晴らしいものです。その場合は、作ったものを食べたり、お酒を飲みながら他愛もない話をしたりするのに机や椅子があったほうがいいでしょう。折りたためて軽量なキャンプ用品が沢山販売されているので、必要に応じてみんなで手分けして持って行きましょう。

クーラーボックスは大きい物を

キャンプで飲み物などを冷たいまま運ぶのに非常に便利なクーラーボックスですが、これを持っていくシチュエーションというのは、みんなでワイワイしている場合が多く、小さいものを買っても保冷機能付きのボトルホルダーの方が便利な場合がほとんどです。最低でも500mlのペットボトルが横に入るタイプのものでないと使い勝手が悪いでしょう。

燃料は統一しておくこと

照明やコンロなどのキャンプ用品を使用する上でガスなどを持っていくケースもあるでしょうが、基本的に燃料の規格は統一しておくようにしましょう。バーベキューのコンロはこれだけどランタンの燃料はこれ…とそれぞれ違ったものを持って行くとややこしい上に、トラブルがあったとき用にいちいちスペアを持っていくしかない所を、統一しておけば全て使い回すことができます。荷物の圧縮はキャンプの基本ですから初心者の方は特に心がけるようにしましょう。

忘れがちだけど大切なゴミ袋

キャンプをするとついつい楽しすぎて色々なものを散らかしてしまいがちですが、大自然の中にゴミを置いて帰ることは最大のマナー違反です。こんなゴミであっても基本的には持って帰るのが原則ですから、なるべく大きめのゴミ袋を用意するようにしましょう。この際、持って帰ったあとにいちいち分別しなくて済むように、燃えるゴミや燃えないゴミなどはある程度分別しておくと後の処理がずっと楽になるはずです。実は一番大切なキャンプ用品だったりします。

雨具やキャンプ用の服装

最近では山ガールなどの影響でファッションにも取り入れられているアウトドアグッズですが、キャンプ用品として機能する本格的な服装は雨が降ったり、急な気温の変化にもしっかり対応してくれます。せっかくキャンプに行くなら服装もオシャレにアウトドア風にしていきたいところですね。

意外と忘れがちな救急箱

キャンプは思わぬ事故や怪我が普通に暮らしている時よりもずっと起こりやすい状況にあります。楽しいからといってハメを外しすぎて思わぬトラブルが起きてしまった場合に、すぐに応急処置ができる簡易な救急箱をキャンプ用品の中に入れておくと、いざというシチュエーションで非常に役に立つでしょう。

万端の準備で素晴らしいキャンプライフを

キャンプは大勢で行っても一人で行っても、素晴らしい体験をもたらしてくれるものです。初めての時は特になにが起こるか分からないので、もし、経験者が近くにいるようであればアドバイスをもらうのもいいでしょう。しっかりと準備を整えて、最高のキャンプライフを送りましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます