日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クリスマスパーティーを盛り上げよう。

一年に一度のせっかくのクリスマスパーティーを開いてもただプレゼントの交換をしたり、食事をするだけでは楽しさ半減です。せっかくなのでクリスマスパーティーを盛り上げましょう。

クリスマスパーティーを盛り上げよう。

DIYでクリスマスファッションを作ろう

今ではホームセンターや100均で手軽にDIYできるアイテムが揃っています。既に売っているアクセサリーや小物を自分なりにアレンジしてサイドリメイクすれば簡単にできます。少しDIYに慣れてくると要らなくなったパンプスにキラキラストーンを糊でつけたりDIYも簡単にできます。

通販やレンタル専用の会社を見てみよう。

今ではイスの一つからレンタルできるようになっています。大勢の人が集まるクリスマスパーティーも見せ場があれば来客も喜んでもらえます。人気のレンタル品の中には生ハム専用セットや高さが数メートルにも及ぶ、クリスマスツリー(電飾こみ)などクリスマスを演出してくれるアイテムでいっぱいです。

小物にも細心の注意を

意外とおろそかにしてしまいがちなのが、紙コップであったり紙皿です。せっかくなのでデコレーションされたクリスマスピッタリの小物をそろえてはみませんか?パーティーがよりパーティーらしく盛り上がります。インターネットを見ればオシャレで可愛くデザインされた小物に出会いますよ。

クリスマス用の飾りつけはしていますか?

ただ単にクリスマスツリーを置いて、サンタやトナカイのぬいぐるみを置いているだけでしょうか?飾り付けもポイントがあって、飾り付けのテーマを決める事で統一性のある飾り付けができてワンランク上の空間の演出ができます。テーマを作る事で何を飾ったらいいのかな?の悩みを解消してくれます。

コスプレも取り入れてみる?

クリスマスパーティーを盛り上げるのは空間や環境だけではありません。クリスマスパーティーに出席している人もクリスマスパーティーを盛り上げるためには必要要素です。そこで思い切ってコスプレをしてみてはいかがでしょうか?最初は抵抗があるかも知れませんが、トナカイの角を頭に飾るだけでも気持ちが盛り上がってきます。

家具や観葉植物も飾りつけよう。

クリスマスパーティーを開く人の多くは、観葉植物をおいてあったり、素敵なオシャレ家具を飾っている人がいると思います。せっかくのクリスマスパーティーなので部屋にある家具や観葉植物も飾りつけましょう。飾り付けも簡単でリボンを結んだり、毛糸を這わせたり、豪華に演出すなら観葉植物にアクセサリーを飾るだけで豪華な観葉植物の出来上がり。

クリスマスにおススメな飾り付け

空間の演出として、部屋の壁に飾りつけします。壁にホームセンターや100均で買ってきた折り紙や画用紙で切り絵を作ったり、束ねてクリスマスツリーを作ったりするだけで空間の演出にもなります。予算の出せる範囲で試してみるのもいいです。

クリスマスパーティーを盛り上げる出し物

クリスマスパーティーを盛り上げるためには出し物や余興は欠かせません。クリスマスに因んだカラオケやイントロクイズなどクリスマスに関連づいた出し物や余興だと喜んでもらえます。またビンゴ大会や定番のゲームでも出席者が喜んでもらえるなら構いません。クリスマスパーティーを盛り上げる出し物を用意しましょう。

演奏でクリスマスパーティーに一体感

クリスマスパーティーの出し物としてみんなで一つの曲を演奏するのもみんなに一体感が生まれて記憶にのこります。簡単なハンドベルなどもレンタルできるサイトもあるので、気軽に楽器演奏も試せるかもしれません。一つの事を作り上げると一生消えない最高の思い出に残ります。

クリスマスツリーを簡単アレンジ

クリスマスツリーの飾りつけは、どんな風にしていますか?今ではキラキラした見ていても飽きないLEDがついていたり、クリスマスツリー自体が、発光し夜でも幻想的に光輝いています。そこで盛り上がる飾り付けとして、お菓子を飾ると、小さな子供がいても退屈しないで遊んでくれます。お菓子を外すのはパーティーのラストではずしましょう。

デリバリーで食卓を豪華に

クリスマスパーティーの準備を一から始めると時間が足らなくなってしまいます。料理の準備から飾り付けまですると気が遠くなってしまいますよね。そこはデリバリーに頼んで料理を提供してもらいましょう。配達の時間指定ができるのなら、温かな状態で食材が運ばれてくるので、食べる時にもおいしい状態です。

全てをやろうとしないパーティー

全てを凝ったクリスマスパーティーをやろうとすると、なんだか気疲れしてしまします。準備段階も楽しいですが、あくまでクリスマスパーティーで楽しむのが条件です。無理な事は諦め、専門のお店や業者に力を借りて、思い出に残るクリスマスパーティーにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます