日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケは、盛り上がる曲で。

忘年会、新年会シーズンは、2次会では、カラオケがセッティングされますよね。気心のしれた友人同士ならば、自然と盛り上がる曲もわかりますが、様々な年代が集まる、勤め先でのカラオケは、盛り上がる曲を選ぶのにもコツが必要です。

カラオケは、盛り上がる曲で。

カラオケ選曲ポイントは?

その年に大ヒットした代表する曲として盛り上がる曲を選ぶのが定石です。とにかく皆が知っている曲ということを意識しましょう。一人でも知らない人がいると何となく気になってしまいますよね。全部を知らなくても、あ~聞いたことある、というくらいの曲がカラオケで盛り上がる曲選びのポイントです

盛り上がる曲:男性編

演奏時間が長すぎるといくら盛り上がっても疲れてしまいます。カラオケでは、大体3分30秒くらいを目途に選びましょう。男性で一番は「小さな恋のうた」テンポが良く歌えます。最初からサビで始まる「誘惑」も盛り上がる曲です。GLAYのように、最後にポーズを決めれば、まずは、カラオケトップバッターとしての役割は果たせますよ。

盛り上がる曲:女性編

女性の場合には、ソロよりも複数で歌える曲の方がカラオケで盛り上げる曲に選ばれることが多いようです。あの国民的な女性グループの曲「ヘビーローテーション」は、みんなで歌うのはうってつけの鉄板です。ポイントの振付はチェックして、覚えておきましょう。ほとんどのカラオケの機種にはPVがあるのでそれに合わせて皆で踊りながら歌えば、確実に盛り上がります。最後のしめに歌うのもおすすめです。

盛り上がる曲はバランスで。

勤め先でのカラオケは年代層が大きく分かれ世代間ギャップが一番のポイント。後輩や、上司が歌いやすいように、盛り上がる曲をいくつか考えておきましょう。古めの曲の最強は、「GOLDFINGER’99」がおすすめ、です。ここでも踊りを取り入れてカラオケの場を和ませましょう。また、上司への誘導で気を付けたいのが、バランスを考えること。上司がロック系なら、その前にバラード系を歌うなど、静と動を織り交ぜて、上司の歌が引き立つようにしましょう。

カラオケはエピソードを大切に。

カラオケで盛り上がる曲には、画面に歌っている本人が登場するものを選んでみましょう。大ヒットのドラマの主題歌などもおすすめです。歌っている合間に、話題になったドラマのエピソードなどを話したりすれば、歌ってばかりではなく、ドラマなどのいろいろな話が飛び出して会話も弾みます。盛り上がる曲では、エピソードを思い出させるような曲を選ぶと歌うだけでなく他の楽しみ方もできるかもしれません。

カラオケはサービス精神で。

カラオケでは、どうしてもうまく歌いたいという気持ちが先になってしまいますが、新年会や忘年会では、楽しかった~を感じるような、盛り上がる曲を歌いましょう。みんなが疲れた時にはアップテンポの曲だけでなく、しっとりとした曲も盛り上げる曲になりますよ。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます