日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドア用バッグは多種多様

アウトドアにも、登山やフィッシング、ツーリングと様々な楽しみ方がありますよね。目的に合わせたアウトドア用バッグには、沢山の機能が隠されています。アウトドアを思い切り楽しめる、目的別バッグをご紹介します。

アウトドア用バッグは多種多様

アウトドアの定番、ウエストバック

ベルトで腰に装着するバックで知られている、携帯電話や小物を入れるのに便利なウエストバック。皆さん、一つはお持ちなのではないでしょうか?防水性に優れて軽量なのが特徴です。家の近所でのジョギングや、アウトドアでなく てもちょっとした旅行に使う方も多いようです。ウエストだけではなく、ベルトを長く伸ばして、肩掛けや斜め掛けにしておしゃれに使いこなしてもいいですよね。

防水にはドライバッグが必須

アウトドアでまずは、登山に挑戦!という方も多いようです。念入りにお気に入りのリュックサックは購入しても、意外と見落としがちなのが、登山用ドライバッグ。ドライバックとは、その名の通り、防水タイプの袋状のもののことをいいます。これさえあれば、ちょっとした雨でも、大丈夫。大切な荷物が、アウトドアで濡れてしまうと、せっかく用意したのに台無しになってしまい、必要な時に使えなくなってしまったり、その負担はかなりのものとなってしまいます。絶対に濡れるのを防ぎたい、着替えや精密機器などは、必ずドライバッグを使い、防水対策を万全にするようにしましょう。

登山用スタッフバッグで重さ調整

リュックサックに荷物を入れるのがパッキング。その際に、荷物 を小分けにしていれるための袋です。登山の際には、すぐに必要な物を取り出せるよう、リュックサックの中身がぐちゃちゃになるのを避けたいもの。スタッフバッグは、荷物の重さに応じて、入れる場所を変えて、荷物の左右上下重量のバランスを整える大切な役割をします。

アウトドア釣り用バッグ

川や海での釣りは防水との戦いといっても過言ではありません。急な雨や、海水の波しぶきなどから、大切なものを守るため、釣りにはレインストームヒップバッグが必需品です。腰につけて、釣りに必要なグッズをすばやく取り出せるように工夫されていますが心配な水しぶきを止水ファスナーでしっかりと防御してくれます。

バイクツーリング用バッグ

バイクツーリングは、衝撃に強く装着がしっかりしていることが重要です。そこで、バイクのタンデムシートにしっかりと装着できるテールバックが人気です。1泊程度の荷物をつめるものから、数日間を旅できるものまで容量も様々あります。アウトドアのツーリングで、小旅行には必須のアイテムバックですね。

アウトドアバッグを街で。

アウトドアの目的別にバックの用途や機能も変わってきます。そんな機能性にあふれたバックですが、あえて街中で使う技ありおしゃれ上級者も多いようです。

面白いバックを探しに行こう。

アウトドア店には、用途に応じて変わったバックが沢山並んでいます。時間を見つけて、面白いバックを探しに覗いててみてはいかがですか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます