日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

京都で開催される魅力満点のイベント

四季折々の顔を見せる京都。そんな京都で開催されるイベントは、どれも特有の雰囲気があるものばかりです。今回は、京都で開催されるイベントのおすすめを厳選して紹介します。

京都で開催される魅力満点のイベント

京都市立芸術大学 日本画コレクション

数多くの作家を輩出し、長い歴史をもつ京都市立芸術大学。その芸術資料館が所蔵する作品を一堂に展示。作者は、教員・生徒などとして在校した人たちなので、筋金入りの芸術家ばかりです。日本画のコレクションを中心に、神坂雪佳「観楓図」、望月玉成「花鳥図」など、近現代の芸術に間近に触れることができます。2016年3月21日までの開催です。

17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち

京都市美術館で開催される、『フェルメールとレンブラント:17世紀オランダ黄金時代の巨匠たち-世界劇場の女性-』。フェルメールとレンブラントの女性画たちが、初来日します。特に、「日々を彩る女性」の夢を描いたフェルメール『水差しを持つ女』と、「国を守る女性」の逞しさを描いたレンブラント『ベローナ』は一見の価値あり。2016年1月5日までの開催です。

京都万華鏡ミュージアム 輝く冬の万華鏡展

Winer Specialと名付けられたこのイベントは、クリスマスや雪の結晶など、「冬」をテーマにした、万華鏡を多数展示しています。クリスマス特有のワクワクする雰囲気、そしてロマンチックな雪に結晶など、まさに冬を表現した万華鏡は見ているだけで幸せな気分になります。子供から大人まで楽しめるイベントで、カップルで行ってもロマンチックです。2016年2月26日までの開催です。

琳派×アニメ オマージュ展

京都ロフトの1Fロフトマーケットで開催されている、京都ならではのこのイベント。桃山時代に生まれ、近代まで活躍した琳派という芸術の流派と、人気キャラクターがコラボしたこの展示には、鉄腕アトムや火の鳥から、ハローキティやらき☆すたなど新旧のキャラクターが日本画の中に登場する不思議な世界があります。子供の頃に見たキャラクターと日本古来の美術の融合が楽しめます。12月26日~2016年1月17日までの開催です。

原画´(ダッシュ)展示 青年マンガの世界

京都国際マンガミュージアムで開催されるこのイベントの魅力は、何と言っても、美しい状態で保存されたマンガの原画です。平成13年より始まった、精巧な複製原画を制作おうおび研究する「原画’(ダッシュ)プロジェクト」の一環として開催されている展示会イベントのシリーズが、今回は青年マンガの世界に迫ります。2016年2月9日までの開催です。

京都ならではのイベントが盛りだくさん

京都で開催されるイベントは、美術館での展示が多いようです。やはり芸術の都・京都という感じですね。でも、堅苦しい美術館だけでなく、マンガやアニメを取り扱ったものも多いので、子供から大人まで幅広い芸術に触れられるいい機会になるでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

イベントカテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング