日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

意外と知らないお正月料理のいわれ

お正月と言えばおせち料理。さまざまな料理が詰め合わされたおせちですが、それぞれの料理のいわれを知っていますか?今回は、お正月ならではの料理のいわれを調べてみました。

意外と知らないお正月料理のいわれ

伊達巻のいわれとは?

子供から大人まで大好きな伊達巻。お正月にしか食べる機会のない一品です。この伊達巻は江戸時代に長崎から伝わった「カステラかまぼこ」という食べ物が、当時のシャレ者、つまり伊達者たちに人気になったことからその名がついたと言われています。昔は重要な文書や絵を巻物にしていたので、賢さの象徴として伊達巻をおせちに入れるようになったようです。

数の子のいわれとは?

プチプチとした食感と磯の香りが堪らない数の子。数の子はニシンの卵で、二親(にしん)から生まれる子供として、子宝の象徴とされています。昔の日本では、一家繁栄のためには子宝に恵まれることが不可欠とされていましたので、たくさんの卵がひとつになった数の子は、子宝の縁起物としておせち料理に入れられているようです。

紅白なますのいわれとは?

さっぱりした味わいで、お正月のおせち料理だけでなく日々の生活でも時々食べたくなるなます。紅白なますは、ニンジンの赤と大根の白で、めでたさを表現しています。他にも、かまぼこは日の出をイメージしつつ紅白でめでたさを表現したりと、おせち料理には紅白の色合いが好まれるという伝統があります。特に紅白の色がしっかり出たなますは、おせち料理には欠かせない一品です。

ごぼうがおせち料理に入るいわれとは?

大地にしっかりと根を張り、細く長く育つごぼうは、縁起のよい食材としておせち料理に入っています。世の中にしっかりと足をつけ生きるさま、大それたことが出来なくても、まっすぐに長生きすることが良しとされていた江戸の庶民の人生観が表れた食材であるとも言えます。たたきごぼうとは、柔らかく似たごぼうを叩くことによって身を開き、開運の意味合いを込めたものです。

お正月に餅を食べるいわれとは?

餅は、古くから神様に捧げるための神聖な食べ物として考えられてきました。お正月には神様にお供えした鏡餅を食べることによって、神様からの恩恵を、その一年しっかりといただけるようにという意味合いがあります。また、家族全員で一つの鏡餅を分けることは、神様からの恩恵を分け合うという意味もあり、家族の絆を深めるという意味合いもあるそうです。

えびをお正月に食べるいわれとは?

エビは、長いひげをもち、その体が曲がっていることから、長生きの象徴として喜ばれてきました。ヒゲが長く伸び、腰が曲がるまで長生きできるというのが、現代では当然かも知れませんが、江戸時代など昔の日本では夢のような話です。えびはおせち料理だけでなく、お正月の飾りとしても使われる縁起物なのです。

いわれを知ると有難味が増す

お正月に食べる料理には、色々な意味合いがあります。お正月のお祝いとして食べるおせち料理、他にもどんな意味合いがあるのか知っておくと、料理の有難味が増して、美味しさと嬉しさも一段と深まりそうですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます

お正月カテゴリ

おすすめカテゴリ

おすすめサービス

調整さんをフォローする

人気記事ランキング