日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

2016年のお盆休みの期間について

夏休みがない社会人にとって、気になるのがお盆休みの期間です。2016年のお盆ん休みはどれくらいの期間でとれるのか調べてみました!予定を立てるときの参考にしてくださいね。

2016年のお盆休みの期間について

土日が重なっているので少し短いん

大抵、お盆休みは8月13日から16日の期間になります。2016年の8月のカレンダーを見てみると、13日と14日が土日と重なっているので、土曜から火曜までの4日間が一般的なお盆休みになりそうです。最長で6連休という日があっただけに、今年は少し短く感じてしまいますね。4日間の間に、お墓参りや帰省を済ませなければいけない人もいるようなので、予定は計画的に立てた方がよさそうです。

新しい祝日「山の日」の影響は?

2016年から、新しい祝日として「山の日」が制定されました。毎年8月11日が祝日となるので、お盆休みにも影響が出そうです。2016年は8月11日が木曜日で8月12日が金曜日なので、お盆休みの前に休日が1日あることになります。ですが、企業によっては12日を休みにするところもあるかも知れませんので、お盆休みの期間中に土日が入っていても6連休となるラッキーな人もいるかも知れません。

企業によって異なるお盆休み

企業によっては、お盆休みが短いところもあります。中でも行政機関や銀行や郵便局などはカレンダー通りの休日で、GWなどと違って長期の休暇にはならないようです。2016年の場合だと、8月13日と14日の二日間となるところが多いでしょう。出掛ける機会の増えるお盆休みの期間中は、銀行に行くことも増えると思われるので、銀行が開いていてくれるのは嬉しいですね。

一般的な企業のお盆休み

一般的な企業は、やはり13日から16日の4日間をお盆休みとしているようですが、中にはもっと長い休暇をとっている企業もあるようです。福利厚生に手厚い中小企業や、工場などの製造業では、他に休暇をとれる機会がなかなかないということを考慮して、お盆休みの期間を長くしているところもあります。例えば、おそらく最長となるのは8月6日から16日までの11連休です。お盆となる13日の週をまるまる休みにすることで、年1回のかなりの長期休暇となるのです。

有給をうまく使って長期休暇にする

お盆休みの期間にしか旅行や帰省に行けない人などは、できるだけ休みの期間を長くしたいですよね。そこで使える裏技が有給を使うというものです。有給を13日の前か16日以降にとることによって、4日間よりも長い連休を取得できるかも知れません。例えば、17日から19日に連休をあてるとすると、13日から21日までの9連休となります。また、12日が休みにならない企業であれば、12日に有給を使うことで、6連休を取得できます。このように、有給をうまく使うことで少し短いお盆休みを長期休暇にすることができます。

有給の計画なども立てておこう

お盆休みには、帰省ラッシュや観光ラッシュで電車や飛行機などが取りにくくなります。また、お盆休みの期間の前後に有給を取りたいという人もたくさんいることが予想されますので、帰省や旅行、休暇の計画は早めに立てて上司などに打診しておくのがいいでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます