日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケ上達にコツはある?

カラオケで人前で歌を上手く歌いたいとは誰しも思うものですよね。カラオケの上達に役立つ、ちょっとしたコツをまとめてみました。上達したカラオケを披露して、一目おかれる存在になってみるのもいいですよね。

カラオケ上達にコツはある?

カラオケでの自分の音域を調べよう

カラオケの歌唱可能判定アプリ「ウタエル」を使うと、自分のお気に入りの曲を登録することで自分の音域を分析してくれ、その曲を歌う時に自分に合った、お勧めキーを教えてくれます。歌う時には、キーがとても重要です。半音の調節で、上達したように歌えるようになりますよ。

音域からカラオケ曲を選ぶ

自分が出せる音域に合ったカラオケ曲を教えてくれるWEBサイトがあります。まず、自分が歌いやすいカラオケ曲を登録します。その最高音が分かれば、曲目の中から、最高音を基準にして、自分が歌えそうな曲を探すことができます。なるべく原曲キーで歌えば、上達したように聞こえるので、まずは自分の最高音をチェックしてみるのがお勧めです。

カラオケで高得点を出すワザ

カラオケの採点は、やっぱり気になるもの。自分では上手に歌えているつもりでも点数が低かったりするとがっかりしてしまいます。カラオケで高得点を出すように上達するにはコツがあるんです。マイクを上下させたり、口元に近くしたり遠くしたりすると、採点で重要なポイントであるビブラートと機械に認識されやすいようです。まら全体的にボリュームを落とすのも採点を高くするポイントといわれています。

カラオケ上達には体全体を使うこと

カラオケを上達する練習方法は、発声方法を意識してみましょう。体全体を使って「声」を出すように練習しましょう。特にポイントは、呼吸で空気を貯める「肺」と、それを囲むように守っている「肩甲骨」との関係を意識しましょう。肩甲骨と肺が密着してしまっていると、深い呼吸ができません。呼吸が浅くなるので、声量が不足してしまいます。ストレッチ方法としては、左手の指先を左肩に軽く載せ、肘で円を描くように左肩を回します。これにより肩甲骨と肺の間の可動域が広がり、しっかりと肺に空気を貯えられるようになります。カラオケで歌ってみると、上達したように感じますよ。

上達が難しかったら、これ。

忙しくて一人カラオケで練習もできずに上達できなかった場合には、メドレー曲を選んで乗りきりましょう。周りを巻き込むことで、苦しくなったら自然に周りにマイクをバトンタッチできます。自分の歌えそうな所だけを歌えば、上達していなくても、何となくやり過ごせます。メドレーは場も盛り上がるので、そのまま逃げ切りましょう。

カラオケの上達には工夫が必要

歌を本当に上達するには、大変な苦労が要りますが、カラオケでは、マイクの持ち方や、選曲の仕方などで上達したようにカバーできることもあります。カラオケ店では、喉を冷やさないよう、冷たい飲み物ではなく暖かいものを選んで楽しんで下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます