日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

採点カラオケで高い点数を取るコツ

採点カラオケは何を基準に点数をつけているのでしょう。採点カラオケの好みが分かれば、カラオケで高得点を出すことも夢ではないかも?気持ちよく歌って、いい点数がでたら嬉しいですね。

採点カラオケで高い点数を取るコツ

やっぱり大事なのは音程ですね

機種によって基準が若干違うのですが、採点をするのに音程の占める割合が一番高いです。音程が外れてしまっては、高得点を取るのは難しいです。販売されているCDや歌手の真似をするのではなく、いかに正確な音程で歌うかが高得点の鍵になります。

ガイドメロディを活用する

高得点を取りたいならばカラオケで歌う時には、歌詞はすっかり覚えておきましょう。歌詞を見ながら歌っているうちは自分の音程をなおす余裕は生まれません。採点基準となるガイドメロディに沿って忠実に歌いましょう。自分の音がずれたらすぐに教えてくれるので、はずれたまま歌うことはありません。何度も練習をすれば、ガイドメロディと同じように歌えるようになります。巻き戻しや再生機能も活用して、苦手なところを克服していきしょう。繰り返し練習をしたい時にはひとりカラオケが気兼ねしなくてよいですね。

表現力を上げるための技

カラオケの採点基準で音程の次に大事なのが、表現力です。表現力のポイントを上げるためには、まず抑揚が大切です。そのためにはマイクを話して持ちましょう。マイクが側にあると、せっかく声に抑揚をつけても、どれも大きな音として機械が読み取ってしまいます。裏技としては少し距離をとったところで、くるくるとマイクを回しながら歌うと、抑揚がついたように、機械が認識するようです。

歌いやすい歌を歌いやすいキーで
 

歌うキーを変えたからといって、採点が左右することはありません。高い音も低い音もきちんと出せるところまでとことんキーを変えましょう。またアップテンポでメロディの動きが多い歌は、正確に音程を取るのが難しいです。カラオケで歌いやすいのはメロディが簡単で、ゆっくりした曲でしょう。

ボイストレーニングで練習しよう

カラオケを始める前にちょっとした柔軟で身体をほぐしましょう。体が固まっていては声もでません。きちんとした腹式呼吸を身につけることも大切です。お腹が引っ込むほど口から息を吐き出しましょう。そしてお腹がぽっこりするように鼻から息を吸い込みます。腹式呼吸が難しい人は横になって練習をしてみましょう。苦手なテクニックはボイストレーニングで磨き上げましょう。ロングトーンやビブラートの練習にはもってこいです。的確なアドバイスもしてもらえます。

採点カラオケを感動させる

どんなに歌いこんで、気持ちを込めて歌っても高得点にはなかなかつながりません。一緒にカラオケに行った友達を感動させるのではなく採点カラオケに上手いと思わせることが高得点への道です。気持ちを入れすぎての余計なアレンジはいりません。採点カラオケが喜ぶ歌に近づけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます