日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケで歌ってみたいネタ曲

真剣に採点カラオケで高得点を目指すのも楽しいですが、時にはネタ曲を入れて、気分をを変えてみるのはどうでしょう。みんなで大笑いできたら、高得点を取ったのと同じくらい、大満足かも。どんなネタ曲がカラオケでうけるのでしょう。

カラオケで歌ってみたいネタ曲

曲を入れるタイミングが大切

長時間カラオケを歌い続けていると、時にはふっと間が伸びることってありませんか?そんな時にネタ曲を入れれば、その場の雰囲気をがらりと変わりまた盛り上げることができます。逆にタイミングがずれると、引いてしまうこともあるかもしれませんが、それはやってみないと分かりませんね。直感勝負でしょうか。自分の好きなネタ曲がいくつかあれば、その場の雰囲気によってチョイスをして、楽しんで歌えますね。

みかんを愛するみかんのうた

みかんのうたは、SEX MACHINEGUNSの代表曲です。この曲は1999年に発売されました。作詞作曲をしたAnchangの出身地愛媛の名産みかんを歌った歌。この歌を聴けば、盛り上がるだけではなく、愛媛みかんのすごさがとくと分かります。愛媛みかんを食べると、平和が訪れ不老不死になれる、世界一である愛媛みかんの歌です。愛媛みかんの皮は捨てずにお風呂に入れることと、エコな面もあります。歌詞がおもしろいだけではなく、アップテンポなので、カラオケのネタ曲にぴったりです。

NIPPONのサザエさん

替え歌や鼻から牛乳で有名な嘉門達夫さん作詞の歌です。嘉門さんは独特の視点の持ち主でもあり、高校在学中に笑福亭鶴光師匠に入門し、後に内弟子にまでなった経歴の持ち主です。NIPPONのサザエさんは、おなじみのサザエさん一家の驚くべき事実を歌っています。まだ聞いたことのない人は、歌に釘付けになり、大うけすること請け合いでしょう。サザエさんが24歳で血液型はB型ということ知ってましたか?

時と場合によっては、下ネタもあり?

一緒にカラオケに行っているメンバーやその時の雰囲気によるのでしょうが、たまには下ネタも場が砕けて、ツボにはまればみんなで大笑い。ぐっと仲良しになれる確立大です。森山直太郎さんのうんこ、MEN’S 5さんのへーこきましたね、はどうでしょう。かっこよく決めるだけがカラオケではありません。時には羽目をはずして、下ネタのネタ曲も楽しんでみませんか。

誰でも知っているアンパンマンのマーチ

やなせたかしさん作詞のアンパンマンのマーチは世代を超えて、多くの人が知っているアニメソングです。ちびっ子がいるカラオケだけではなく、若い世代やお母さんおばあちゃん達のほとんどの人がさびは歌えるのではないでしょうか。取りようによっては歌詞の意味がとっても深く、人の幸せ、生きる喜び、3番にいたっては、諸行無常までも歌っています。ネタ曲として選んでも、歌詞の思いがみんなの中で振動しあえば、思わずほろっと泣けてしまう人もいるかもしれません。リズミカルな歌にあわせた、踊りもあります。カラオケマイク片手にぜひ、踊ってください。踊りつきで歌えば、笑いながらちょっと泣けてしまう極上のネタ曲になります。

一番は自分が楽しむこと

ネタ曲は慣れていないと、ちょっと勇気がいるかもしれません。そんな時だって、やっぱり自分が楽しければ楽しいが歌声に乗って伝わりますが、ネタ曲は引き際も肝心とよく書かれています。自分で選んで歌っては見たものの、違うなと思ったら、変えればいいんです。また次のネタ曲を入力しましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます