日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

クリスマスに見たい映画は?

クリスマスをテーマにした映画は沢山ありますが、人それぞれにこだわりのクリスマスの映画があるようです。ここでは、いろいろなランキングで上位にランクインした映画をご紹介します。

クリスマスに見たい映画は?

女性が見たいクリスマス映画

女性がクリスマスに男性と見たい映画のアンケートで1位になったのは、「ホーム・アローン」シリーズ。4人に1人がこの映画を選びました。2位以降は、「ラブ・アクチュアリー」のような、クリスマスに起こる切ない出来事が愛に満たされていくような、心温まる映画が選ばれたようです。ロマンチックな気分に浸りたいですよね。

男性見たいクリスマス映画

大人の女性がクリスマスパーティでコスチュームを着なければならない時に市販のものではどうしても、チープな感じになってしまいますよね。そこで、サンタのワンピースを手作りしてはいかがでしょうか?ワンピースは、市販の赤いワンピースを購入しましょう。その襟ぐりや裾などに白いファーを縫い付ければ、素敵な大人サンタコスチュームの出来上がりです。ファーをはずせば、普段使いのワンピースとして活用できますよ。

定番、クリスマスの映画

クリスマスに見たい映画の上位に必ず登場する映画が「ホームアローン」(1990年)。家族全員でクリスマス休暇を利用してパリ旅行へ行くはずが、ひょんなことから、まだ8歳の末っ子のケビン君が置いてきぼりにされてしまいます。ケビン君が、クリスマスを家で一人ぼっちで過ごすことになってしまうことから始まる、大ヒットホームコメディ映画です。ケビン役のマコーレー・カルキンがとにかくキュート。アメリカ郊外のクリスマス風景も楽しめます。

不朽のクリスマス映画

不朽のクリスマス映画といえば、文句なく「クリスマス キャロル」でしょう。ディケンズを世界的に有名な作家とした小説。1843年に出版されて以降、1951年に白黒バージョンでアメリカで映画化されたのを皮切りに、ミュージカルやアニメ、舞台にもなっています。守銭奴のスクルージがクリスマス・イヴに不思議な体験をし、愛を取り戻していく、クリスマス・ストーリー。

ディズニー映画・クリスマスキャロル

アニメといえばディズニー映画ですが、ここでも「クリスマス キャロル」をミッキーマウスやドナルドダックのおなじみの人気キャラクター達が演じてヒットしました。1983年に公開され、第56回アカデミー賞短編アニメ賞ノミネート作品となりました。その後も、2009年には『Disney’s クリスマス・キャロル』を制作。CG技術もふんだんに駆使され3D版も上映されました。

クリスマスのラブストーリー映画

クリスマスのラブストーリーとして人気を集めているのが「ラブ・アクチュアリー」(2004年)です。最も愛が溢れる日、クリスマスのロンドンを舞台に、同時進行形で19人の親子愛や夫婦愛など、さまざまな愛の形を描いた作品です。愛の形はさまざまで、思い悩んだり衝突したりする中で、最後にクリスマスの夜にはハッピーエンドになる会うトーリー。観終わったあとは、愛に包まれた、ほんわかした暖かい気持ちになれますよ。

ファンタジー映画でクリスマス

両手がハサミでできている人造人間の主人公と少女の交流を描いた、少し切ないファンタジー映画「シザーハンズ」。主人公をジョニー・ディップが演じて話題となりました。両手がハサミでも心は誰よりも優しい主人公、しかし、様々な誤解やトラブルが起こってしまいます。優しい心を持った主人公の唯一の理解者である少女との交流を描きます。クリスマスの夜に雪が降る、幻想的な映像世界は物語の世界に引き込まれてしまいます。

子供に人気のクリスマス映画は?

「アーサー・クリスマスの大冒険」2011年の3Dコンピュータアニメーション映画。ストーリーは、サンタクロースのオペレーションセンターから世界中の子供たちにプレゼントを届けているのですが、一人の女の子に届けていないことが発覚。何とか間に合うようにサンタの末っ子・アーサーがプレゼントを届けに向かうという大冒険ストーリー。最新技術を駆使して展開する臨場感ある映像で、子供たちもクリスマス気分を存分に楽します。

クリスマス映画には愛がいっぱい

皆さんがクリスマスに見たい映画は、どれも愛が一杯の物語ばかり。この日ばかりは、素直な気持ちで映画を見て、愛に包まれてみてはいかがでしょう。もしかしたら、あなたにもクリスマスの軌跡が起こるかもしれません。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます