日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ初心者が上達するためのスイングの基本

ゴルフ初心者はスイングが安定せず、それが原因でスライスやフックしてまっすぐにボールが飛ばなかったりします。ここでは正しいスイングを身につけ、ゴルフ初心者でも曲がらずに飛距離を出すスイングについてまとめていきます。

ゴルフ初心者が上達するためのスイングの基本

ゴルフスイングの基本

ゴルフを始めたばかりの人はボールを腕の力で飛ばそうとしてしまいがちです。実は腕の力はあまり関係なく、重要なのは背骨を軸とし、体全体を回転させて打つという事です。ゴルフのスイングにはグリップ、セットアップ、バックスイング、ダウンスイング、インパクト、フォロースルーという段階がありますが、ここからはそれぞれについて細かく説明していきます。

正しいグリップを身につける

グリップはスイングにとって非常に重要です。グリップが正しくできないとスイングも安定しないので、初心者は特にグリップを正しくしましょう。まずは左手の人差し指をグリップの真下に置き、親指を真上に置きます。そして残りの指をグリップに添えます。右手は薬指と中指の第2関節、人差し指の第1関節をグリップの真下に置き、グリップします。右手親指は真上に置かず少し左にずらすように握ります。

理想的なセットアップの形

セットアップとはボールの横に立ち構えた状態のことです。セットアップの基本としては両足の幅を肩幅まで開き、膝を軽く曲げます。左右の足を結ぶラインはターゲットラン(ボールと目的地を結ぶライン)と平行になるようにします。セットアップの時の肩と腕の三角形の形を変えないようにスイングするのがポイントです。打つ前も打っている間も打った後も、この初めの三角形が形を変えないようにすることが大切です。

バックスイングの基本

手・腕・肩の相対関係を変えず、ゴルフシャフトが水平になるまで一つの塊のように背骨を軸にして回転させます。水平になった後は左腕を振り上げていきます。同時にこの時重心は自然と右側に少し移動し、下半身のねじれが加わることで顔も右を向いてしまうのですが、目だけはしっかりとボールから離さないようにしましょう。

ダウンスイングの基本

ゴルフのダウンスイングでは左腕は伸ばしたままで、曲げていた右腕を一気に振り下ろしていきます。この時大切なのは腕でボールを打つのではなく、体の回転を利用するという事です。腕は自然に振り下ろす感じで十分です。バックスイングが正しくできていれば、無意識のうちに腕はただしい方向に動いていきますので、変に腕に意識を持っていく必要はありません。

スイングのインパクトの基本

ゴルフでボールを打つ瞬間のことをインパクトと言います。このインパクトの時にゴルフクラブのフェイスとボールがまっすぐに当たれば、まっすぐ飛んでいきます。インパクトの理想はハンドファーストと言って、クラブヘッドよりも先に両手が先に出ている状態でインパクトをすることです。ただしあまりに意識しすぎて極端に両手が先に出た状態でインパクトしてしまうとスライスの原因になります。
またインパクトの時に重要なのは体の軸がぶれないという事です。

インパクトの後のフォロースルー

フォロースルーとはスイングの過程で、ゴルフボールのインパクト後の振り抜きの動作のことを指します。フォロースルーの基本は長く大きな軌道を描くことを意識しましょう。長く大きなフォロースルーはボールを直進させる力を与えることができるので、飛距離の伸びにも繋がります。インパクトが終わったからと言ってフォロースルーをおろそかにしないようにしましょう。

しっかりと練習して身につけよう

ゴルフのスイングというのを切り刻んで説明してきましたが、スイング自体は一連の動作です。まずは一つ一つの動きを意識しながら一連の動きとして完成できるように練習していきましょう。うまくいかない場合は改めて動きをチェックするということの繰り返しの中で身につけていくしかないと思います。もしも環境があるならば自分のスイングする姿を動画で撮影して見返してみたりするのも客観的に見れるのでいいでしょう。

スイングの基本を知り身につける

いかがでしょうか?ゴルフ初心者の人はどうしてボールがまっすぐ飛ばないのかとか、特に飛ばすにはどうすればなどいろいろ悩むことがあると思います。スイング一つの中にこれだけのことを意識してみるときっとこれから変わってくると思います。あとは確認しながら練習していきましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます