日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初心者はこのように打て!ゴルフのドライバーの打ち方講座

ゴルフ初心者にとってドライバーでナイスショットすることは簡単ではありません。ドライバーはどのように握ると良いでしょうか?またどのような姿勢が良いでしょうか?ゴルフ初心者でもすぐにマスターできるドライバーの打ち方講座です。

初心者はこのように打て!ゴルフのドライバーの打ち方講座

ドライバーとは何でしょうか?

そもそもドライバーとは何でしょうか。ドライバーとは一番ウッドを表す言葉です。一番遠くまで飛ばしたい時に使うのがこのドライバーです。このドライバーを上手く使うことができるかどうかはその日一日のコンディションにも関わってきますので、正しい打ち方をマスターしておくことはとても大切なことです。

ドライバーを上手に打てるするのは重要

コースを回る時に最初に使うのがドライバーです。もしこのドライバーショットが上手くいかないと、ゴルファーは気持ちが引きずってしまうということがあります。そうなりますと、その後のゴルフの調子もほとんど上がらずに終わってしまうということになりかねません。

ドライバーは打つのが難しい

ドライバーショットを上手に打つことができるようにすることはとても大切だといえます。しかし、ドライバーは他のクラブと比較するならば芯に当てるのが難しいといえます。なぜなら、他のクラブと比べシャフトが長いからです。

スクウェアスタンスで打つ

ドライバーを使いこなすためには正しい姿勢や握り方をマスターする必要があります。そうしなければ思った方向へボールは飛びませんし、距離もでません。ドライバーの正しい打ち方とはスクウェアスタンスと呼ばれる姿勢で打つことです。このスクウェアスタンスとは球を打つ方向に体の向きを平行にして立つ立ち方のことをいいます。この立ち方をしないとドライバーショットは上手くいきません。足の幅ですが、肩幅よりも少々広くします。そして膝ですが心持ち曲げるようにします。

ドライバーの握り方とは?

握り方ですが、オーバーラッピングとかインターロッキングといった握り方がありますが、どれが良いかは人によって違ってきます。自分にとって一番しっくりする握り方をするようにおすすめします。

まずは練習するようにしましょう

いきなりコースに出てドライバーを上手に打つということは難しいことです。それでコースに出る前に打ちっぱなしのゴルフ場で何度も練習すると良いでしょう。何度も練習しているうちに感覚がつかめるようになります。この感覚を掴むということがとても大事なことといえます。

動画でイメージ作りをしましょう

ドライバーを綺麗に打つといっても、自分ではなかなかイメージが掴みにくいと思います。それでおすすめなのはドライバーの打ち方を動画で見るということです。プロのゴルファーが綺麗にドライバーで打っている映像を何度も見ることで頭の中で打ち方をイメージすると良いでしょう。

気分よく回るために何度も練習を

ドライバーで撃つことはその日一日ゴルフコースで気分良くプレーできるかどうかを左右する重要なポイントとなります。何度も練習して上手に打てるようになってからコースに出られることおすすめします。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます