日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフはこれがあれば大丈夫!初心が持つべきゴルフ用品

いざゴルフを楽しもうと思っても、今までゴルフをしたことがない人は何を持っていったら良いのかわからないかもしれません。ゴルフの初心者はどのような用品を用意するといいのでしょうか?初心者が持つべきゴルフ用品をご紹介します。

ゴルフはこれがあれば大丈夫!初心が持つべきゴルフ用品

打ちっぱなしならドライバーがあれば十分

打ちっぱなしのゴルフ場であればドライバー1本があれば十分です。ゴルフボールはゴルフ場に用意されているものを使用しますので、ゴルフボールの心配をしなくても大丈夫です。あとは手袋があると良いかもしれません。

なぜ手袋があるといいのか

ゴルフで手袋が必要な理由は滑らないためです。手汗をかきますとグリップを握ってもしっくりときません。また滑ってクラブが飛んでしまうなら大変危険です。そのような事態を防ぐために手袋は用意をしたほうがいいでしょう。

手袋は左だけあれば良い?

ゴルファーを観察しますとわかりますが、ほとんどのゴルファーは手袋を左手しかしていません。それはクラブを最初に握るのが左手だからです。右手はというと左手の上から被せるように握ります。つまり右手はほとんどグリップに触れませんので、右手はて手袋はあまり必要ありません。

ゴルフクラブを用意する

ゴルフコースに出るとするならば、もっと多くの用品を揃える必要があります。まず揃える用品はゴルフクラブです。ゴルフクラブはウッドとアイアンに分けることができます。ウッドといっても本物の木材でできているわけではありません。今ではヘッド部分が金属になっていますが、昔は木でできていたため、その名残でウッドと呼ばれています。

ドライバーとフェアウェイウッド

ウッドはドライバーとフェアウェイウッドに分けることができます。フェアウェイウッドとはフェアウェイから打つのでそのように名付けられています。ドライバーは1番ウッドといいますが、2番ウッドはブラッシー、3番はスプーンと言います。

アイアンも用意する必要がある

アイアンは100-200ヤードを狙う場合に使用するクラブのことをいいます。アイアンには番号が付けられていますが、距離を出す場合には番号が若いものを使います。また番号が後ろの方へ行くほど、ボールを浮かすことができるという特性があります。

パターも必要なゴルフ用品

グリーンに乗ったボールをカップに入れる場合に使用するのがパターです。パターにもいろいろな種類があります。プロゴルファーはシャフトが長いパターを好んで使用していますが、初心者は長いパターは避けたほうが無難です。ごく普通の物を選ぶようにしましょう。どれを選んだら良いか分からないようでしたらお店の人に尋ねてみてください。

ゴルフ用品が揃ったらコースへ出ましょう

あと必要場ゴルフ用品というとゴルフボールになります。ゴルフは基本的にボール、何本かのクラブ、またクラブを入れるためキャディバッグがあれば始めることができます。必要なゴルフ用品が揃ったらコースに出てみませんか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます