日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

爽快なドライバーショットなのに曲がっちゃう!ゴルフで陥るスライスとは?

豪快に打ち放すドライバーショットがゴルフの醍醐味です。だけど大きく曲がっていく。スライスにはがっくりしますね。スライスを克服しないとゴルフが楽しめません。ゴルフにおけるスライスについてご紹介します。

爽快なドライバーショットなのに曲がっちゃう!ゴルフで陥るスライスとは?

ゴルフ用語における「スライス」の意味

英語でスライスと言えば、日本語の意味は「薄く切る」になります。ゴルフ用語では全く意味が異なり、ゴルフ用語でのスライスは打ったボールが途中からプレイヤーの利き腕の側へ曲がって飛ぶことをスライスといいます。

ゴルフでスライスはなぜ起こる?

右利きのプレーヤーで説明すると、打ったボールが途中から右へ曲がることをスライスしたといいます。原因は、打ったボールに右回転の力が加わったために起きるのです。

ゴルフにおける・スライスの別名は?

スライスには別名があります。その名も「バナナボール」とも言われます。打ったボールが大きく曲がります。ごゴルフボールの描く軌道がバナナのカーブに似ていることからそう呼ばれます。

ゴルフでスライスし出すと直せない?

ゴルフ初心者でなくても、スライスは、多くのゴルファーにとっての悩みになります。距離が長いホールにはドライバーを使い思いっきり打ちますが、その時にスライスをしてしまうのです。アイアンではスライスしないのにドライバーでスライスしてしまうゴルファーも多くいます。スライスする理由は様々あります。その理由がわからないうちはスライスに苦しみます。

ゴルフでスライスしないためのその1

打ちたい方向の明確なイメージをもつ。打つ方向を確認することは、当たり前ではないか?と思われるかもしれません。けれどその当たり前のことが、案外おろそかになっているのです。大まかすぎてはいいゴルフができません。自分のまわるコースを把握し、いいスコアを出すためにも必要です。

ゴルフでスライスしないためのその2

ドライバーを使用してスライスするのであれば、自分のグリップを見直してみましょう。アドレスもスライスの出やすい姿勢があります。右利きの人であれば、左足近くにボールが来るようにアドレスすると改善させる場合があります。

ゴルフでスライスしないためのその3

元々、ドライバー自体がスライスしやすいクラブなのです。そのためドライバー選びもスライス克服の足がかりになります。フックフェイスのドライバーを使ってみてください。フックフェイスのドライバーは被り気味に作られているためボールをとらえやすくなっています。

ゴルフの基本を見直し。脱・スライス

ゴルフでスライスしだすと、クセになります。スライスになる原因があります。基本中の基本であるアドレスが良くない場合が多いようです。ゴルフ歴が長くなるとどうしても自己流というか基本を崩してしまうことがあります。原因を突き止めるには、基本ができているか省みることも脱・スライスの近道です。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます