日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフはマナーを守ってこそのスポーツ

ゴルフは紳士のスポーツです。色々なマナーがあるので、プレー中もそれ以外の場所でも紳士として行動しましょう。特にゴルフの試合などでのマナーも大切です。観覧する時には注意点があるので気を付けましょう。

ゴルフはマナーを守ってこそのスポーツ

ゴルフの歴史はマナーの歴史

ゴルフの歴史上では、イギリスで発祥と言われています。ですがよくひも解いてみると、どうやらスコットランド説も有力で、語源も諸説あるのではっきりとは分かりません。ですが今や世界中でプレーする姿が見られます。紳士のスポーツと言われる由縁は、厳しいマナーがあり品位を重んじてゴルフをプレーしているところにあります。

ゴルフのマナーも一般常識から

ゴルフのマナーと言っても、色々なシチュエーションによってマナーも変わってきます。プレー中や、練習場でのマナー。またクラブハウスでのマナーは、一般常識も深く関係しているので普段気を付けていることも含まれています。

ゴルフプロの試合の時のマナー

時々、伝統のあるゴルフコースで有名なプロの試合が行われることがあります。国内外の選手も多く、最近は韓国の選手などが賞金女王になっていますね。そんなプロのプレーを間近に見るチャンスです。観戦するときは、携帯の電源を切る。写メを勝手に撮らない。ショットの前には大声で話さない。など、選手の集中力をそぐ行為はマナー違反です。

こんなマナー違反はマイナス

せっかくみんなで集まってゴルフという時に、誰かが遅刻しては他の方に迷惑がかかります。きちんと待ち合わせの時間に遅れないようにしましょう。また、マイ灰皿を持っているからと、あちこちで煙草をぷかぷか吸うのもマナー違反です。きれいな空気を吸いに来ているのはあなただけではありません。吸う時には喫煙できる場所を調べておきましょう。

ゴルフの練習場でのマナー

ゴルフの練習場は、大勢の人が利用します。特に、素振りを通路でするのはやめましょう。練習ボールも転がしてしまったら、誰か踏んで大けがをすることに。すぐに拾っておきましょう。打席に入る時は、必ず後ろから入ります。横から入ると隣の人のクラブが当たるかもしれません。

ゴルフ場での基本的なマナー

ゴルフ場では、独特のマナーがあります。これはみんなが安全に、楽しくゴルフを楽しむためです。ティーショットをする時は、周りを見て安全を確かめます。一緒に回る時には、後ろに立つのは避けましょう。一通りメンバーが打ったら、速やかに次の場所まで移動します。この時に前のグループに近づかない事も大切です。ボールを打つ時も、芝を掘ってしまったら自分で埋めなおしましょう。

帰る時のマナーで最後までスマートに

帰る時は、一緒に回ったメンバーにお疲れ様とねぎらいの言葉が大切ですが、キャディーさんにも伝えましょう。ついついメンバーばかり目が行ってしまいますが、コースの状況を教えてくれたり、前後のグループの距離や天気を気にしてくれます。

ゴルフの品位を落とさないマナーで

ゴルフでは練習場でも、ゴルフコースでも帰るまでマナーは大切です。名門コースであればあるほど、きちんとマナーを守ってスマートにゴルフを楽しみたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます