日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフの「距離計」とはどんなもの?

プロのゴルフツアーなどではあまり見かけることはありませんが、ゴルフには距離計というものがあります。一体距離計とはどのようなものなのでしょうか?詳しく調べてみました。

ゴルフの「距離計」とはどんなもの?

目的までの距離を測る計測器

ゴルフの距離計は、ゴルフプレイを優位に進めるための距離計測器です。自分の現在位置から、目的とする対象の位置までの距離が何ヤードあるのかなどを計測します。目視ではどれくらいあるのかわかりにくい距離が、距離計を使うだけで瞬時にわかるので、非常に快適なプレイが望めるでしょう。

GPS式の距離計とは

GPS式の距離計は、GPSと、コースのデータが内蔵されています。これによって、自分の現在位置から登録されたコースの対象物までの距離がどれくらいあるのかを把握することが出来ます。腕時計型のものなどコンパクトなものが多いです。

レーザー式の距離計とは

レーザー式の距離計は、目に見えるものすべての距離を計測することが出来ます。レンズがついており、覗き込んで使用します。レーザーを照射して距離を測定し、測定結果を覗いている視界の中に表示します。

GPS式距離計のメリット

GPS式の距離計はレーザー式に比べて安価なものが多く、腕時計型など小型で身につけることも容易なのがポイントです。GPSによる位置情報を元にして距離を計測するので、遮蔽物などで目視できない場所に対しても距離を算出することが出来ます。

レーザー式距離計のメリット

レーザー式の距離計は、「目に見えるところはすべて計測できる」ということが何よりのメリットです。現在位置からの位置が直感的にわかります。従って使い方もあまり難しくないので、すぐに使いはじめることが出来ます。

GPS式距離計のデメリット

GPS式の距離計は「登録されたデータとの位置比較」でしかないところが一番のデメリットです。ゴルフ場が登録されていないと利用できませんし、現在位置と登録対象の距離をリアルタイムに計測するわけではありません。そのため、誤差も多少あります。ゴルフ場の改修などでデータが変わった際には、データの更新が必要です

レーザー式距離計のデメリット

レーザー式距離計の一番のデメリットは「価格」です。レーザー式の距離計は4万円台の物が多く、「ただ、距離を計測するだけ」の機器としては割高です。また、腕時計のように使えるGPS式に対してウェアラブルではないため、持ち運び方法を考えなければいけません。また、見えない対象までの距離は計ることが出来ません。例えば丘をこえた先を狙いたい場合、丘までの距離しか計ることが出来ません。

アマチュアならば利用できるかも?

これらの距離計のりようは、日本ゴルフ協会のルールでは原則として禁止されています。ただし、ローカルルールでOKならば利用してもよいことになっています。もし利用できる際にはプレイ時間の短縮や、プレイのデータ化にも役立ちますので利用してみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます