日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフのダウンスイングを上達させるには?

ゴルフのスイングの中でも最も集中するポイントが「ダウンスイング」です。ゴルフのダウンスイングはどのようにして上達させれば良いのでしょうか?詳しく見ていきましょう。

ゴルフのダウンスイングを上達させるには?

ゴルフのスイング動作は4つに別れる

ゴルフのスイング動作は3つに分けられます。構えた状態から振りかぶる「テイクバック(バックスイング)」と、トップからの「切り返し」、振り下ろす「ダウンスイング」、そして、ミート後の「フォロースイング」です。この3つの動作の名称や役割を確実に理解することで、ゴルフの解説書やビデオを見た時にも「この部分について話しているんだな」ということがわかるようになります。必ず覚えておいてくださいね。

「チャーシューメン」とはなんぞや?

一昔前にはゴルフのスイングといえば「チャーシューメン」のタイミングで振ると言われていました。今もこれを熱烈に支持している人もいますし、「実際はツーテンポだ」として異を唱える人もいます。いずれにせよ、テイクバックから切り返し、ダウンスイングからフォロースイングまでに大切なのは「テンポ」なのです。

正しいスイングはグリップから

スイングの動作についてご説明しましたが、その前に大切なのは「グリップ」と「アドレスです。グリップとは、ゴルフクラブの握るための部分や、握ることそれ自体を指します。ゴルフにおけるグリップは、スイングをする上でも非常に重要な要素です。グリップが出来ていないとどれだけダウンスイングのスピードが上がろうとも、上手く力が伝えられなかったり、あらぬ方向へ飛ばすことになってしまいます。

グリップとセットでアドレスを決める

アドレスとは、ボールを打つために立つ位置や、脚の開き方などの「立ち方」のことです。これもまた、正しいスイングを極めるためには欠かせない要素です。ゴルフは「いつでも同じ動作ができること」が何よりも大事ですから、フォームはきっちりと体に覚えさせる必要があります。グリップと一緒に、アドレスの姿勢も必ず身に付けるようにしましょう。

3:1の比率がポイント!

それではスイングの話に戻りましょう。ゴルフのスイングではアドレスからのテイクバックとダウンスイング以降のテンポが3:1になるのが理想と言われています。よく「タメ」と言われるのはこの比率が違うためです。

素振りで自分のテンポを身につける

3:1が良いとはいえ、細かなタイミングの取り方は人それぞれになります。そこでオススメなのが、野球のように「素振り」を練習すること。ボールを実際に置かずに、気持ちの良いリズムを探しながら連続で振ります。アドレス姿勢にきちっと戻る必要はなく、通過点だと思ってください。チャーシューメンでも三井住友VISAカードでもなんでも良いので、自分が一番安定して振れるリズムを探しながら繰り返し振ってみましょう。

大切なのは安定していること

ゴルフはコースに出れば打ちっぱなしとは全く違う世界が待っていて、とても緊張するものです。その中で良いスコアを出すためには、気持ちがブレても元の戻すことの出来る精神力です。「チャーシューメン」が特に優れているのはこの点です。ゴルフの緊張感の中で、チャーシューメン。クスっと来てしまいますよね。緊張をほぐしていつもの練習の時のスタンスに引き戻してくれるのです。

リズムを作ることがとても大切

いかがでしたでしょうか。ゴルフではスイングのリズムがとても大切です。チャーシューメンの3テンポではリズムが取りづらい人は、自分で代わりとなる2テンポのリズムを開発してみましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます