日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ初心者必見!スイングの基本

ゴルフのスイング!初心者にとっては、ボールへの当て方も、まっすぐな飛ばし方も難問です。そこで、プロゴルファーたちの初心者指導に共通なスイングのポイントをご紹介いたします。

ゴルフ初心者必見!スイングの基本

スイングで重視するべきは何?

ゴルフ初心者がスイングにあたって、常に頭に入れておくべきは「インパクト」の5文字。インパクトとは、クラブがボールに当たる瞬間のことです。思った方向、飛距離のためにはインパクトを、いかにパーフェクトに作り上げるかにかかっているのです。では、そのために必要なことは何でしょうか?

ゴルフ初心者はアドレス作りから!

ゴルフでアドレスという言葉は構え方を意味します。初心者にとって、正しいスイングへの道は、まず、アドレスを正しく身につけることが必須です。正しいアドレスこそが、正しいインパクトへ繋がります。つまり、ボールの飛距離や方向のコントロールができないのは、間違ったアドレスだったからなのです。

初心者のスイングはグリップから!

ゴルフ初心者にとっての正しいアドレスは、グリップ・前傾角度・重心とボールの位置からです。グリップは、左手スクウェアグリップ!右手はパワーに自信あるならオーバーラッピング、それ以外はインターロッキング!前傾角度は、背筋を伸ばす。腕は地面に垂直。すねから下は地面に垂直に!重心も、まずは前後は前過ぎず、後ろ過ぎず。左右は均等なバランスで!ボール位置は、クラブによって変える。これがスイングのためのアドレス作りです。

アドレスから実際のスイングへ!

アドレスからいよいよスイングです。スイングで大事なのはビジネスゾーンです。地面に垂直に握ったクラブ、ちょうど腰の高さにあたります。腰から下のにクラブを振った時、半円形のゾーンが描かれます。これがビジネスゾーン!ゴルフ初心者だけではなく、プロゴルファーたちも重要視するビジネスゾーンの練習とは?

ビジネスゾーンからのスイング!

ゴルフ初心者のビジネスゾーンでチェックすべきは、前傾角度!膝・腰・首の角度がスイング中は一定に。両腕は伸ばしたまま一定に。顔の向きしまっすぐ。腰の高さにバックスイングを上げた時、クラブのエッジは時計の針が12時をさす向きに!シャフトは、その時、ボールと、飛ばす方向に対して水平で!打った後も水平に!これを心掛けてください。

初心者のスイング!ここに注意

初心者がイメージするゴルフスイングは、大きく振り上げたフルスイングです。しかし、まだフォームが安定していない初心者にとって、まずは、前述したビジネスゾーンのフォームを安定させること。腰の高さから下で構えて、腰の高さでスイングをストップ!前傾角度からシャフトとボールの水平さまで、正しいフォームが整うまではフルスイングは上達の妨げでしかありません。

自宅で出来るスイング練習!

プロゴルファー推奨の自宅でできる練習法をご紹介します。ボールを使います。バレーかサッカーのボール大の軽いボールを両手の手のひらで、左右同じ力で押すように持ちます。両腕はまっすぐ伸ばして、腕が三角形を作るように。この状態で、ビジネスゾーンのスイング練習と同じ振りを繰り返します。慣れたら、そのままボールを投げます。この繰り返しで、正しいフォームが自然と身につくのだそうです!

ゴルフ初心者はスイングから!

初心者がゴルフスイングを上達させるためには、インパクトを確実にすること!そのためにはアドレス作りからのスタート!プロゴルファーたちも練習において重要視する、ビジネスゾーンのチェックこそが上達のポイント!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます