日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

関東エリア限定!さくらんぼ狩りが楽しめるスポット7選

さくらんぼ狩りというと山形県や山梨県が有名ですが、関東地方でも楽しめるスポットがあります。同じ関東エリア内でも、各スポットごとに特徴があります。休日のレジャー候補としてさくらんぼ狩りを加えてみてはいかがですか?

関東エリア限定!さくらんぼ狩りが楽しめるスポット7選

天狗の里にあるさくらんぼの「斉藤園」

90年代中頃に開園した関東エリアの農園です。フルーツランドいけだ内にあり、天狗の里フルーツ団地という可愛い名前の果樹農園。佐藤錦をはじめ、ナポレオンなどのさくらんぼ狩りができます。

食事付きプランが魅力の「いちごの里」

毎年募集されるお食事付きプランがは、朝食付きとランチ付きプランがあります。さくらんぼ狩りも楽しめますが、30分間の食事食べ放題プランがとっても魅力的。果物を使ったジャムなどもお土産に便利です。

紅秀峰も楽しめる「こまき園」

佐藤錦やナポレオンのほか、紅秀峰や正光錦まで楽しめる北関東エリアの栃木県宇都宮市の「こまき園」では、さくらんぼハウスが設けられていて雨天でも対応します。大規模な農園で、家族連れ程度の人数なら予約が不要なのも気軽に行けるので嬉しいですね。

大農園の「沼田市のフルーツ狩り」

関東エリアのさくらんぼ狩りでは有名どころの一つ、一般によく知られている群馬県の「沼田市のフルーツ狩り」は、なんといっても規模の大きさが魅力です。広々とした農園内でゆったりした気分で味わうさくらんぼはまた格別。天狗の伝説でも知られた迦葉山から流れる水で作られたさくらんぼは甘さが魅力。おみやげ販売もあります。

みなかみ町の「月夜野まるかチェリー園」

さくらんぼの種類が豊富で楽しめる「月夜野まるかチェリー園」は、最大9種類ものさくらんぼを食べ比べることができます。紅さやか、ビックサミット、ミス平成などもあり、子どもさんや車椅子のかたでも簡単に摘み取れる低樹高栽培が魅力です。

昭和村の「天満屋さくらんぼ園」

こまやかな配慮がなされていて、子供から高齢のかたまで楽しめます。さくらんぼは、農薬に配慮して育てられていたり、車椅子のかたも入園できたりと家族みんなでさくらんぼ狩りを満喫できるように工夫されています。

昭和村農園の「あざみサクランボ園」

毎年、開園時期に来園者にふるまわれている、なめこ汁も人気の大農園です。メジャーな品種が取り揃えられていますが、なかでも大粒の紅秀峰は非常に贅沢な気分にさせてくれます。おみやげとして1,000円パックが用意されているので便利。朝は8時30分から開演しているので、十分に楽しんでもゆっくり帰宅できます。

農園の特徴を見極めて利用しましょう

さくらんぼ狩りができるスポットは、関東エリア内に限っても、場所によって特徴が多様です。お子さんが利用しやすかったり、車椅子でも可能なところや、開園・入園・閉園の時刻、そして品種の多さなどもさまざまです。自分や同行者にとって理想的なお好みの農園を見つけて、是非さくらんぼ狩りを楽しんでください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます