日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーの日本代表監督の魅力に迫る!

いまや、国民的人気の高いスポーツであるサッカー。世界の強豪と闘う日本代表選手を率いる監督とはどのような人物なのでしょうか?歴代のサッカー日本代表チームの監督、そしていまの監督についてご紹介します。

サッカーの日本代表監督の魅力に迫る!

現在のサッカーの日本代表監督は?

2016年現在のサッカー日本代表監督は、ハリルホッジ氏です。ユーゴスラビア出身(現在はフランス国籍を取得済)のヴァヒド・ハリルホジッチ氏は、2015年3月12日、JFA(日本サッカー協会)の要請を受け、サッカー日本代表チームの監督に就任しました。サッカーファン以外には馴染みのない人物ですが、フォアードのポジションだった選手時代は所属していたFCナントでは2度もフランスの得点王になりました。1900年からボスニア・ヘルツェゴビナのサッカーチーム・FKヴェレジュ・モスタル監督を皮切りに、欧州、中東、数々のチームの監督に就任してきました。指導のモットーは、「ルール、規律、練習」という厳しい監督のようです。

初代のサッカーの日本代表監督は?

サッカーの日本代表チームの監督は外国人の方の印象が強いですが、歴代監督には日本人監督も数名います。初代の日本人監督は、加茂 周(かも しゅう 1939年生まれ)氏です。日本代表チームを率いた期間は、1994年12月から1997年10月までです。加茂氏がサッカーの日本代表チームの監督に起用されたのは、外国人監督で不足しているとみられた選手とのコミュニケーションを持つことができるためです。残念ながら、結果が残せず1997年10月に更迭という形で監督を退きました。

2度就任したサッカーの日本代表監督

加茂監督の退任後も日本人監督が就任しました。1997年、サッカーの日本代表チームのヘッドコーチであった岡田 武司(おかだ たけし 1956年生まれ)氏です。岡田監督の功績はなんといっても日本チームで初めてのFIFAワールドカップ出場か実現したことです。サッカー人気を盛り上げた功労者でもあります。監督の雰囲気から、日本中で「おかちゃん」の愛称で親しまれました。2007年~2010年にもサッカーの日本代表チームの監督を努めました。日本人監督として2度も監督に就任したのは岡田氏だけです。

歴代のサッカーの日本代表監督の起用理由

サッカーの日本代表チームの監督起用理由は様々あります。サッカーの監督就任に当たって、当然のことですがサッカー選手の経歴も重視されます。名選手でありJリーグ人気を担ったジーコ監督の強みは、世界の大きな試合に出場経験がありました。その経験からの指導は実に有益なものでした。ただ名選手が名監督になれるとは限りませんので、指導力も考慮されます。サッカーの日本代表チームの監督に起用される場合、監督としてめざましい実績を残していることが挙げられます。

サッカー日本代表監督は外国人?

サッカーの日本代表チームの監督は外国人の方が多いのですが、それには理由があります。現在日本でのサッカー人気は不動のものになりましたが、Jリーグ創立前は、失礼ながらマイナーなスポーツ競技の一つでした。他の国ではそうではなく、特に欧州ではサッカーの歴史が古く、国民が熱狂するスポーツです。スター選手にもなると英雄扱いであり、巨額の契約金を得られます。そうなるとサッカーに優秀な選手が集まりますので、必然的に優秀な選手が引退後監督になり
世界中で活躍することになりました。それで、日本にも外国人監督が起用されることになりました。

歴代のサッカー日本代表監督・病気での退任

印象深いサッカーの日本代表チームの監督として挙げられるのが、2006年就任のユーゴスラビア(現 ボスニア・ヘルツェゴビナ)出身のイビチャ・オシム監督です。イビチャ・オシム氏はジェフ千葉の監督として、チームに初のタイトルをもたらした手腕を見込まれ、サッカーの日本代表チームの監督に要請されました。2006年から2007年の短い就任期間に終わったのは、脳梗塞により監督が続けられなくなりました。選手の信頼も厚く、サッカーファンの人気と期待も高い監督でした。監督も復帰を望んでいましたが、残念なから、脳梗塞後の指導は難しく叶いませんでした。

歴代のサッカーの日本代表監督スキャンダル

サッカーの日本代表チームの監督のスキャンダルとして有名なのが、2014年から2015年に就任したメキシコ出身のハビエル・アギーレ監督です。ハビエル・アギーレ監督は、2011年に監督としてレアル・サラゴサで八百長事件がスペインで告発されました。事態を重く見た、JFA(日本サッカー協会)は直ちにハビエル・アギーレ監督との契約を解除しました。

監督で決まるサッカー日本代表の勝敗

国際的なスポーツであるサッカーは、監督も国際的です。日本人選手も海外チームを視野にいれて活動していますので、一昔前にネックとされていた外国人監督とのコミュニケーション不足も解消されています。世界レベルの指導を受けて益々日本チームの活躍が期待できます。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます